« FreeBSDでXOOPS その1 | トップページ | 行政書士会・入会事前手続きその4 »

2009年6月 1日 (月)

FreeBSDでXOOPS その2

う~ん。はまってしまった。
・mysql-server-5.0.45_1
・apache2.2.6-2
・php5-5.2.5
・php5-extentions-1.1
をインストールして、その後素直にxoopsを入れるだけで良かったんですが、
「ついでにTomcatもいれて、Strutsの勉強もできるようにしよう!」
と意気込んでしまったのが失敗(というより有意義な経験)でした。

・apache-tomcat-6.0.1
をインストールしようとしたんですが、何時間がした後にスワップ領域不足で
途中でこけてました。

アンインストールしようにも、「make deinstall」「pkg_delete」とも
うまくいきませんでした。
あとは関連ファイルを直接削除する方法もあるかと思いましたが、
どこにどのような削除するべきファイルが配置されているのかが
さっぱり分からない。
ということで、困ったときの「OS再インストール」!!

「FreeBSD Disklabel Editor」で「Auto Defaults」で作成した前回の
swapのスライスサイズは192MBでしたが、何度も調整はしたくないので、
手動で一気に512MBを割り当てました。

それで、OSいれて、mysqlからphp5まで入れて、再度
# cd /usr/ports/www/tomcat6
# make install clean
をチャレンジ!
今度は落ちるなよ~、と思って見ていたのですが全然終わる気配がない
・・・
インストールが完了し、プロンプトが戻るまで実に9時間ほどかかりました。
まあでも無事に終わってよかった。

詳細なコマンドと、注意点(←その後も何回か失敗しているということデス)
は後ほど。

|

« FreeBSDでXOOPS その1 | トップページ | 行政書士会・入会事前手続きその4 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538346/45207807

この記事へのトラックバック一覧です: FreeBSDでXOOPS その2:

« FreeBSDでXOOPS その1 | トップページ | 行政書士会・入会事前手続きその4 »