« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

FreeBSDでXOOPS その5 php5編

前回はapacheまでインストールしたので、今回はphpとphp-extentionsをインストールします。
まずは、php5から。

# cd /usr/ports/lang/php5
# make install clean

インストールオプションは、以下のように選択しました。
デフォルトから変更したのは、「APACHEをOn」「MULTIBYTEをOn」「IPV6をOff」です。
ここで私がはまったのは、「APACHEをOn」にし忘れたこと。デフォルトでOnの方が、はまる人が少なくなると思いますけど。

lqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqk
x                      Options for php5 5.2.5                        x
x lqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqk x
x x[X] CLI        Build CLI version                                x x
x x[X] CGI        Build CGI version                                x x
x x[X] APACHE     Build Apache module                              x x
x x[ ] DEBUG      Enable debug                                     x x
x x[X] SUHOSIN    Enable Suhosin protection system (not for jails) x x
x x[X] MULTIBYTE  Enable zend multibyte support                    x x
x x[ ] IPV6       Enable ipv6 support                              x x
x x[ ] MAILHEAD   Enable mail header patch                         x x
x x[ ] REDIRECT   Enable force-cgi-redirect support (CGI only)     x x
x x[ ] DISCARD    Enable discard-path support (CGI only)           x x
x x[X] FASTCGI    Enable fastcgi support (CGI only)                x x
x x[X] PATHINFO   Enable path-info-check support (CGI only)        x x
x x                                                                x x
x x                                                                x x
x x                                                                x x
tqmqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqjqu
x                       [  OK  ]       Cancel                        x
mqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqj

途中色々と処理が走り、下記のようになれば終了。

===>  Cleaning for pkg-config-0.22_1
===>  Cleaning for libxml2-2.6.30
===>  Cleaning for php5-5.2.5
#

次に、php5-extentions。

# cd /usr/ports/lang/php5-extensions
# make install clean

インストールオプションは、以下のように選択しました。
デフォルトから変更したのは、「MBSTRINGをOn」「MYSQLをOn」です。

lqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqk
x                 Options for php5-extensions 1.1                    x
x lqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqk x
x x   [ ] BCMATH      bc style precision math functions            x x
x x   [ ] BZ2         bzip2 library support                        x x
x x   [ ] CALENDAR    calendar conversion support                  x x
x x   [X] CTYPE       ctype functions                              x x
x x   [ ] CURL        CURL support                                 x x
x x   [ ] DBA         dba support                                  x x
x x   [ ] DBASE       dBase library support                        x x
x x   [X] DOM         DOM support                                  x x
x x   [ ] EXIF        EXIF support                                 x x
x x   [ ] FILEINFO    fileinfo support                             x x
x x   [X] FILTER      input filter support                         x x
x x   [ ] FRIBIDI     FriBidi support                              x x
x x   [ ] FTP         FTP support                                  x x
x x   [ ] GD          GD library support                           x x
x x   [ ] GETTEXT     gettext library support                      x x
x x   [ ] GMP         GNU MP support                               x x
x x   [X] HASH        HASH Message Digest Framework                x x
x x   [X] ICONV       iconv support                                x x
x x   [ ] IMAP        IMAP support                                 x x
x x   [ ] INTERBASE   Interbase 6 database support (Firebird)      x x
x x   [X] JSON        JavaScript Object Serialization support      x x
x x   [ ] LDAP        OpenLDAP support                             x x
x x   [X] MBSTRING    multibyte string support                     x x
x x   [ ] MCRYPT      Encryption support                           x x
x x   [ ] MHASH       Crypto-hashing support                       x x
x x   [ ] MING        ming shockwave flash support                 x x
x x   [ ] MSSQL       MS-SQL database support                      x x
x x   [X] MYSQL       MySQL database support                       x x
x x   [ ] MYSQLI      MySQLi database support                      x x
x x   [ ] NCURSES     ncurses support (CLI only)                   x x
x x   [ ] ODBC        unixODBC support                             x x
x x   [ ] OPENSSL     OpenSSL support                              x x
x x   [ ] PCNTL       pcntl support (CLI only)                     x x
x x   [X] PCRE        Perl Compatible Regular Expression support   x x
x x   [ ] PDF         PDFlib support (implies GD)                  x x
x x   [X] PDO         PHP Data Objects Interface (PDO)             x x
x x   [X] PDO_SQLITE  PDO sqlite driver                            x x
x x   [ ] PGSQL       PostgreSQL database support                  x x
x x   [X] POSIX       POSIX-like functions                         x x
x x   [ ] PSPELL      pspell support                               x x
x x   [ ] READLINE    readline support (CLI only)                  x x
x x   [ ] RECODE      recode support                               x x
x x   [X] SESSION     session support                              x x
x x   [ ] SHMOP       shmop support                                x x
x x   [X] SIMPLEXML   simplexml support                            x x
x x   [ ] SNMP        SNMP support                                 x x
x x   [ ] SOAP        SOAP support                                 x x
x x   [ ] SOCKETS     sockets support                              x x
x x   [X] SPL         Standard PHP Library                         x x
x x   [X] SQLITE      sqlite support                               x x
x x   [ ] SYBASE_CT   Sybase database support                      x x
x x   [ ] SYSVMSG     System V message support                     x x
x x   [ ] SYSVSEM     System V semaphore support                   x x
x x   [ ] SYSVSHM     System V shared memory support               x x
x x   [ ] TIDY        TIDY support                                 x x
x x   [X] TOKENIZER   tokenizer support                            x x
x x   [ ] WDDX        WDDX support (implies XML)                   x x
x x   [X] XML         XML support                                  x x
x x   [X] XMLREADER   XMLReader support                            x x
x x   [ ] XMLRPC      XMLRPC-EPI support                           x x
x x   [X] XMLWRITER   XMLWriter support                            x x
x x   [ ] XSL         XSL support (Implies DOM)                    x x
x x   [ ] YAZ         YAZ support (ANSI/NISO Z39.50)               x x
x x   [ ] ZIP         ZIP support                                  x x
x x   [ ] ZLIB        ZLIB support                                 x x
tqmqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqjqu
x                       [  OK  ]       Cancel                        x
mqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqj

途中色々と処理が走り、下記のようになれば終了。

===>  Cleaning for php5-ctype-5.2.5
===>  Cleaning for php5-dom-5.2.5
===>  Cleaning for pecl-filter-0.11.0
===>  Cleaning for pecl-hash-1.5
===>  Cleaning for php5-iconv-5.2.5
===>  Cleaning for pecl-json-1.2.1
===>  Cleaning for php5-mbstring-5.2.5
===>  Cleaning for php5-mysql-5.2.5
===>  Cleaning for php5-pcre-5.2.5
===>  Cleaning for php5-pdo-5.2.5
===>  Cleaning for php5-pdo_sqlite-5.2.5
===>  Cleaning for php5-posix-5.2.5
===>  Cleaning for php5-session-5.2.5
===>  Cleaning for php5-simplexml-5.2.5
===>  Cleaning for php5-spl-5.2.5
===>  Cleaning for php5-sqlite-5.2.5
===>  Cleaning for php5-tokenizer-5.2.5
===>  Cleaning for php5-xml-5.2.5
===>  Cleaning for php5-xmlreader-5.2.5
===>  Cleaning for php5-xmlwriter-5.2.5
===>  Cleaning for pcre-7.4
===>  Cleaning for php5-extensions-1.1
#

以上で、インストールは終了。以降で環境を整えていきます。
まずは、php.ini-distをコピーしてphp.iniを作成します。

# cp /usr/local/etc/php.ini-dist /usr/local/etc/php.ini

コピーしたphp.iniを編集します。

# vi /usr/local/etc/php.ini

以下になるようにコメントをはずずand/or変更します。

default_charset = "UTF-8"
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = "UTF-8"
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output = "UTF-8"
mbstring.encoding_translation = Off
mbstring.substitute_character = none;

最初からそのようになっているはずですが、念のためパーミッションを調整します。

# chmod 444 /usr/local/etc/php.ini

次に、Apacheがphpを扱えるようにhttpd.confを編集します。

# vi /usr/local/etc/apache22/httpd.conf

<IfModule mime_module>ディレクティブに下記を追記します。

    AddType application/x-httpd-php .php
    AddType application/x-httpd-php-source .phps

<IfModule dir_module>ディレクティブを下記のように変更します(index.phpを追記します)。

    DirectoryIndex index.html index.php

起動を確認するためのスクリプトを作成します。

# echo "<?php phpinfo(); ?>" > /usr/local/www/apache22/data/test.php

以上が完了したら、Apacheを再起動します。

# apachectl restart

最後にきちんと動作しているか、別の端末からブラウザを使って確認します。
URLにhttp://xxx.xxx.xxx.xxx/test.phpを指定して、「PHP Version 5.2.5」以下表示されたらOK。

表示されなかったら、多分Apacheのオプション指定を忘れている可能性が高いです。
libphp5.soがあるか確認して、下記のように、「No such file or directory」となったらNG。(←私がはまった道)

# ls /usr/local/libexec/apache22/libphp5.so
ls: /usr/local/libexec/apache22/libphp5.so: No such file or directory
#

後から個別にオプションを追加する方法を知らないので、私はphpを再導入しました。
「make rmconfig」のコマンドが重要で、これを忘れると、対話型でオプションを指定できず、以前指定したオプション値の通りに再導入になってしまいます。
↑元の木阿弥になる・・・
ちなみに、アンインストールは、「pkg_delete -r」と「make deinstall」のどちらでもいいみたいです。
Windowsでいうところの、「アプリケーションの追加と削除」で行うのか、アプリケーションが準備した「uninstall.exe」を行うかの違い、みたいな感じなのでしょうか。

# pkg_delete -r php5-5.2.5
[preparing module `php5' in /usr/local/etc/apache22/httpd.conf]
# cd /usr/ports/lang/php5
# make rmconfig
===> Removing user-configured options for php5-5.2.5
# make install clean

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

Outlookデータ移行

本日PCリース差し替えに伴って、各種アプリケーションの移行を行いました。
アプリやファイル自体はまあ良かったんですが、メールの移行で手間取りました。
そもそも、
・アカウント情報
・メール情報
・仕訳情報
等がまとめてインポート・エクスポート出来ないという仕組みは利便性が感じられなくて、
「いまいち」の感が否めません。
まあそれぞれの方法は、各種サイトで確認頂くとして、移行中に気づいたのが
「(Outlookの構成ファイルである)PSTファイルが巨大だと動作が不安定になる」
ということです(←当たり前??)。

Outlook2000までは2GBという制限があったのが、Outlook2003以降は20GBとなったそうです。

Outlook 2007 および Outlook 2003 では .PST ファイルの形式とフォルダ サイズの制限が異なる

しかしながら、Outlook2003でも、4GB超のファイルに対して
・エクスポート/インポート
・Outlookデータファイルを開く
等の操作をすると、「ファイルのアクセス権がありません」等のメッセージが出たりして、なんか動作が怪しげ。

安定動作・検索速度向上・破損リスク・ポータビリティを考えて、1つのPSTファイルのサイズをある程度の小ささに押さえた方が、有利と思います。
先の4GB超のファイルについて、なんだかんだとやっていたら3~4時間くらいかかってしまった。

話は飛んで、現時点では、Gmailのオフライン機能も満足できる状態ではないらしいです。

Offline Gmail Is Off in Execution

ベストのメール環境ってなかなか悩ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

ど根性カニ

今日道を歩いていたら、カニがいました。

Photo自然が多い所というわけでもなく、海も小川も近くない。

近くにあるといえば、護岸工事された、どぶ川だけ。

そんな中でもがんばって生きているんですね。

水分が感じられないカラカラの甲羅でしたが

大丈夫なのでしょうか?

とりあえず、踏みつぶされないようガンバレ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

FreeBSDでXOOPS その4 apache編

前回はmysqlまでインストールしたので、今回はapacheをインストールします

# cd /usr/ports/www/apache22
# make install clean

インストールオプションは、以下のように選択しました。
デフォルトから変更したのは、「MYSQLをOn」「IPV6をOff」にしただけです。

lqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqk
x                    Options for apache 2.2.6_2                      x
x lqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqk x
x x[ ] APR_FROM_PORTS        Use devel/apr as APR (beware!)        x x
x x[ ] THREADS               Enable threads support in APR         x x
x x[X] MYSQL                 Enable MySQL support for apr-dbd      x x
x x[ ] PGSQL                 Enable PostgreSQL support for apr-dbd x x
x x[ ] SQLITE                Enable SQLite support for apr-dbd     x x
x x[ ] IPV6                  Enable IPv6 support                   x x
x x[ ] PCRE_FROM_PORTS       Use devel/pcre instead of bundled one x x
x x[X] AUTH_BASIC            Enable mod_auth_basic                 x x
x x[X] AUTH_DIGEST           Enable mod_auth_digest                x x
x x[X] AUTHN_FILE            Enable mod_authn_file                 x x
x x[ ] AUTHN_DBD             Enable mod_authn_dbd                  x x
x x[X] AUTHN_DBM             Enable mod_authn_dbm                  x x
x x[X] AUTHN_ANON            Enable mod_authn_anon                 x x
x x[X] AUTHN_DEFAULT         Enable mod_authn_default              x x
x x[X] AUTHN_ALIAS           Enable mod_authn_alias                x x
x x[X] AUTHZ_HOST            Enable mod_authz_host                 x x
x x[X] AUTHZ_GROUPFILE       Enable mod_authz_groupfile            x x
x x[X] AUTHZ_USER            Enable mod_authz_user                 x x
x x[X] AUTHZ_DBM             Enable mod_authz_dbm                  x x
x x[X] AUTHZ_OWNER           Enable mod_authz_owner                x x
x x[X] AUTHZ_DEFAULT         Enable mod_authz_default              x x
x x[X] CACHE                 Enable mod_cache                      x x
x x[X] DISK_CACHE            Enable mod_disk_cache                 x x
x x[X] FILE_CACHE            Enable mod_file_cache                 x x
x x[ ] MEM_CACHE             Enable mod_mem_cache                  x x
x x[X] DAV                   Enable mod_dav                        x x
x x[X] DAV_FS                Enable mod_dav_fs                     x x
x x[ ] BUCKETEER             Enable mod_bucketeer                  x x
x x[ ] CASE_FILTER           Enable mod_case_filter                x x
x x[ ] CASE_FILTER_IN        Enable mod_case_filter_in             x x
x x[ ] EXT_FILTER            Enable mod_ext_filter                 x x
x x[ ] LOG_FORENSIC          Enable mod_log_forensic               x x
x x[ ] OPTIONAL_HOOK_EXPORT  Enable mod_optional_hook_export       x x
x x[ ] OPTIONAL_HOOK_IMPORT  Enable mod_optional_hook_import       x x
x x[ ] OPTIONAL_FN_IMPORT    Enable mod_optional_fn_import         x x
x x[ ] OPTIONAL_FN_EXPORT    Enable mod_optional_fn_export         x x
x x[ ] LDAP                  Enable mod_ldap                       x x
x x[ ] AUTHNZ_LDAP           Enable mod_authnz_ldap                x x
x x[X] ACTIONS               Enable mod_actions                    x x
x x[X] ALIAS                 Enable mod_alias                      x x
x x[X] ASIS                  Enable mod_asis                       x x
x x[X] AUTOINDEX             Enable mod_autoindex                  x x
x x[X] CERN_META             Enable mod_cern_meta                  x x
x x[X] CGI                   Enable mod_cgi                        x x
x x[X] CHARSET_LITE          Enable mod_charset_lite               x x
x x[ ] DBD                   Enable mod_dbd                        x x
x x[X] DEFLATE               Enable mod_deflate                    x x
x x[X] DIR                   Enable mod_dir                        x x
x x[X] DUMPIO                Enable mod_dumpio                     x x
x x[X] ENV                   Enable mod_env                        x x
x x[X] EXPIRES               Enable mod_expires                    x x
x x[X] HEADERS               Enable mod_headers                    x x
x x[X] IMAGEMAP              Enable mod_imagemap                   x x
x x[X] INCLUDE               Enable mod_include                    x x
x x[X] INFO                  Enable mod_info                       x x
x x[X] LOG_CONFIG            Enable mod_log_config                 x x
x x[X] LOGIO                 Enable mod_logio                      x x
x x[X] MIME                  Enable mod_mime                       x x
x x[X] MIME_MAGIC            Enable mod_mime_magic                 x x
x x[X] NEGOTIATION           Enable mod_negotiation                x x
x x[X] REWRITE               Enable mod_rewrite                    x x
x x[X] SETENVIF              Enable mod_setenvif                   x x
x x[X] SPELING               Enable mod_speling                    x x
x x[X] STATUS                Enable mod_status                     x x
x x[X] UNIQUE_ID             Enable mod_unique_id                  x x
x x[X] USERDIR               Enable mod_userdir                    x x
x x[X] USERTRACK             Enable mod_usertrack                  x x
x x[X] VHOST_ALIAS           Enable mod_vhost_alias                x x
x x[X] FILTER                Enable mod_filter                     x x
x x[X] VERSION               Enable mod_version                    x x
x x[ ] PROXY                 Enable mod_proxy                      x x
x x[ ] PROXY_CONNECT         Enable mod_proxy_connect              x x
x x[ ] PROXY_FTP             Enable mod_proxy_ftp                  x x
x x[ ] PROXY_HTTP            Enable mod_proxy_http                 x x
x x[ ] PROXY_AJP             Enable mod_proxy_ajp                  x x
x x[ ] PROXY_BALANCER        Enable mod_proxy_balancer             x x
x x[X] SSL                   Enable mod_ssl                        x x
x x[ ] SUEXEC                Enable mod_suexec                     x x
x x[ ] CGID                  Enable mod_cgid                       x x
tqmqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqjqu
x                       [  OK  ]       Cancel                        x
mqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqj

途中色々と処理が走り、下記のようになれば終了

===>  Cleaning for perl-5.8.8_1
===>  Cleaning for python-2.5,2
===>  Cleaning for autoconf-2.61_2
===>  Cleaning for expat-2.0.0_1
===>  Cleaning for libiconv-1.11_1
===>  Cleaning for python25-2.5.1_1
===>  Cleaning for m4-1.4.9,1
===>  Cleaning for help2man-1.36.4_1
===>  Cleaning for gmake-3.81_2
===>  Cleaning for autoconf-wrapper-20071109
===>  Cleaning for p5-gettext-1.05_1
===>  Cleaning for gettext-0.16.1_3
===>  Cleaning for apache-2.2.6_2
#

依存関係でいろいろ追加でインストールされることが上記からも窺えます。

OS起動時にapacheも起動するようにrc.confを編集します。

# vi /etc/rc.conf

下記を追記します。

apache22_enable="YES"

以上が完了したら、OSをリブートします

# reboot

ブート途中で以下のメッセージが出たら、まずは一安心

Performing sanity check on apache22 configuration:
Syntax OK
Starting apache22.

最後にきちんと動作しているか、別の端末からブラウザを使って確認します。

It works!

と表示されたらOK

表示されなかったら、pingが通るかとか、プロセスが動作しているかを確認してみましょう。
以下はプロセスを確認している例です。

# ps -ax | grep httpd
  666  ??  Ss     0:00.13 /usr/local/sbin/httpd -DNOHTTPACCEPT
  705  ??  I      0:00.01 /usr/local/sbin/httpd -DNOHTTPACCEPT
  707  ??  I      0:00.01 /usr/local/sbin/httpd -DNOHTTPACCEPT
  708  ??  I      0:00.00 /usr/local/sbin/httpd -DNOHTTPACCEPT
  709  ??  I      0:00.01 /usr/local/sbin/httpd -DNOHTTPACCEPT
  710  ??  I      0:00.00 /usr/local/sbin/httpd -DNOHTTPACCEPT
#

ちなみに、portsではなく、pkg_addでインストールしたら、なぜか
ディレクトリ /usr/local/www/apache22/data
及びその配下のファイル index.html
が生成されず、"It works!"が表示されませんでした。

多分、自分で上記ディレクトリとファイルを作ってしまえば普通に動いたかも知れませんが、なんとなく気持ちが悪いので、
pkg_deleteして、portsでのインストールに変更(今回の手順です)。無事、生成されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

FreeBSDでXOOPS その3 mysql編

ネットワークの設定やらユーザー設定やらいろいろあるんですが、それらは既に設定済みという前提。
それと、この通りにやっても動かないといって怒らないように。環境差があるので。
ネットのどこかに関連情報がないか探したり、何かを見落としてないか確認してください。
インストールはportsという仕組みを使います。
このports、必要なファイルが
/usr/ports/distfiles/
配下にない場合は、勝手にインターネット経由で関連サイトと接続&ダウンロードし、インストールを続けてくれます。
逆にインターネットに繋いでいないとダウンロードできず、インストール出来ません。
場合によっては、PROXYサーバを設置していたりするケースもありますので
setenv HTTP_PROXY xxx.xxx.xxx.xxx:xx
等としておくことを忘れずに。
もちろん他のマシンで必要なファイルをダウンロードして、上記ディレクトリに格納してもOKです。

まずmysql50-clientをインストールします

# cd /usr/ports/databases/mysql50-client
# make install clean

途中色々と処理が走り、下記のようになれば終了

===>  Cleaning for libtool-1.5.24
===>  Cleaning for mysql-client-5.0.45_1
#

次にmysql50-serverをインストールします

# cd /usr/ports/databases/mysql50-server
# make install clean

途中色々と処理が走り、下記のようになれば終了

===>  Cleaning for mysql-server-5.0.45_1
#

OS起動時にmysqlも起動するようにrc.confを編集します。

# vi /etc/rc.conf

一番下に(まあ下でなくてもいいんでしょうが)下記を追記します。

mysql_enable="YES"
mysql_limits="YES"
mysql_dbdir="/usr/local/db/mysql"
mysql_args=""

mysql_dbdirにデータベースが作成されるので、スライスのサイズをよく考えて配置した方がいいかも。
私の場合、
①上記ディレクトリは存在しないので作成
②そのディレクトリにmy.cnfという名称で設定ファイルを配置
③パーミッションの設定
という手順としました。

# mkdir -p /usr/local/db/mysql
# cp /usr/local/share/mysql/my-medium.cnf /usr/local/db/mysql/my.cnf
# chmod 600 /usr/local/db/mysql/my.cnf
# chown -R mysql:mysql /usr/local/db/mysql

コピーした設定ファイルを編集し、文字セットがUTF-8となるようにします。

# vi /usr/local/db/mysql/my.cnf

下記それぞれのセクションに追記します。

[client]
default-character-set = utf8
[mysqld]
character-set-server = utf8
skip-character-set-client-handshake
[mysqldump]
default-character-set = utf8
[mysql]
default-character-set = utf8

以上が完了したら、OSをリブートします

# reboot

ブート途中で以下のメッセージが出たら、まずは一安心

Starting mysql.

最後にきちんとUTF-8化されているのか確認します。
①テストデータベースmydbを作成
②そのキャラクタセットを確認
 character_set_filesystem,character_sets_dir以外のvalueがutf8となっていればOK
③テストデータベースを削除
の手順になります。

# mysql
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 2
Server version: 5.0.45-log FreeBSD port: mysql-server-5.0.45_1

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema | 
| mysql              | 
| test               | 
+--------------------+
3 rows in set (0.02 sec)

mysql> create database mydb;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

mysql> use mydb;
Database changed
mysql> show variables like 'char%';
+--------------------------+----------------------------------+
| Variable_name            | Value                            |
+--------------------------+----------------------------------+
| character_set_client     | utf8                             | 
| character_set_connection | utf8                             | 
| character_set_database   | utf8                             | 
| character_set_filesystem | binary                           | 
| character_set_results    | utf8                             | 
| character_set_server     | utf8                             | 
| character_set_system     | utf8                             | 
| character_sets_dir       | /usr/local/share/mysql/charsets/ | 
+--------------------------+----------------------------------+
8 rows in set (0.01 sec)

mysql> drop database mydb;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema | 
| mysql              | 
| test               | 
+--------------------+
3 rows in set (0.00 sec)

mysql> exit
Bye
#

以上!

意外と長くなってしまった。

2009/06/11・・・コマンド部分のフォントを調整してみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

行政書士会・入会事前手続き その5

ようやく、行政書士会から回答が来た。ガーン撃沈。。。

「事務所としての独立性が確保されていないため改善を求めます」

・・・せめてどう改善するのかのアドバイスを書いてくれよ。
事務所を借りるしかないのか??とりあえず明日電話してみよう。

事務所を借りるとすると結構な投資(というより出費)を覚悟せにゃならん。
こりゃ事務所開設は延期か??
ノーリスク(≒ノーコスト)での事務所開設は難しいのか??。

ということで焦るのはやめ!
既に取得してしまった住民票とかの書類取得費用は無駄になるけどしょうがない。
(↑申請時から3ヶ月以内の発行日である必要があるので)

長丁場になることを覚悟したので、手続き申込の日付に年度を付与しました(笑)

・・・2009年04月08日の手続き申し込みから、62日経過。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

これからのワイン

今日初めてワインの栓がコルクでないものに出会いました。

Photo_4

栓に「プラ」とあります。

Photo_6

栓をみると・・・、写真ではイメージを伝えにくいですね。

今までのコルク栓になれた人は、「こんなのあり得ない」とか思うんだろうな。

参考までにワインの栓についての結構いい読み物のリンク先を紹介します。

http://www.kitasangyo.com/e-Academy/wine/wine_closure_column.pdf

そういえば、抜栓後の保管用にワインシーラーは1つくらいあると便利だよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

行政書士会・入会事前手続きその4

なかなか入会事前手続きの進捗が分からないので、
こちらから行政書士会に電話をしてみました。

「前回追加で送付した資料は間違いなく届いていますか?確認したいんですが」
「担当者がお休みで、分かりません。」
「今後の手続きの流れを教えて欲しいんですが」
「提示された資料を基に、顧客のプライバシーの保護等の観点から
 問題ないかを判断させて頂き、その後理事会の承認をえてから
 書類の提出や行政書士会まで来て頂いての手続き等の流れとなります」
「理事会はいつ開かれるのか予定みたいなのはありますか?」
「理事は非常勤なので、いつ開かれるか分かりません!」
「それでは、一般的にどれくらい期間がかかるのか教えてください」
「だいたい、全体で2~3ヶ月はみていただくことが多いですが、ハッキリとは
 決まってません!!」

まさにお役所仕事!!!
市民と行政をつなぐ仕事の総元締めの会がこれでは、先が思いやられます。
とにかくスピード感がない。
手続きを決まった手順通りにするということと、スピードをもって仕事をする
というのは両立出来るはずなんですけどね。
決まりの中に、「手続き処理を1ヶ月放置する」という項目でもあるのか?
それと、普段理事は何をやっているのでしょうか?ゴルフかな。
とにかく、全然進捗が見えないままでした。

・・・4月8日の手続き申し込みから、56日経過。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

FreeBSDでXOOPS その2

う~ん。はまってしまった。
・mysql-server-5.0.45_1
・apache2.2.6-2
・php5-5.2.5
・php5-extentions-1.1
をインストールして、その後素直にxoopsを入れるだけで良かったんですが、
「ついでにTomcatもいれて、Strutsの勉強もできるようにしよう!」
と意気込んでしまったのが失敗(というより有意義な経験)でした。

・apache-tomcat-6.0.1
をインストールしようとしたんですが、何時間がした後にスワップ領域不足で
途中でこけてました。

アンインストールしようにも、「make deinstall」「pkg_delete」とも
うまくいきませんでした。
あとは関連ファイルを直接削除する方法もあるかと思いましたが、
どこにどのような削除するべきファイルが配置されているのかが
さっぱり分からない。
ということで、困ったときの「OS再インストール」!!

「FreeBSD Disklabel Editor」で「Auto Defaults」で作成した前回の
swapのスライスサイズは192MBでしたが、何度も調整はしたくないので、
手動で一気に512MBを割り当てました。

それで、OSいれて、mysqlからphp5まで入れて、再度
# cd /usr/ports/www/tomcat6
# make install clean
をチャレンジ!
今度は落ちるなよ~、と思って見ていたのですが全然終わる気配がない
・・・
インストールが完了し、プロンプトが戻るまで実に9時間ほどかかりました。
まあでも無事に終わってよかった。

詳細なコマンドと、注意点(←その後も何回か失敗しているということデス)
は後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »