« ポチッとな | トップページ | 青いバラ »

2009年12月29日 (火)

そこにいるのだ。

AVATAR観てきました。

いつもは「DVDやTVで観ればいいっか。ガマンガマン」(←セコッ)となるのですが

3Dは家では観れませんからね。これは観るしかありません。

ストーリーはまあ置いといて。感じたことは、

・パンドラの自然を描いたCGが凄い美しいです。凄く細かく描写されています。

・ナヴィ族もCGで作成されているようですが、それぞれの動作が自然で違和感は無かったです。

・3Dも、飛び出すよりも奥行きを感じさせる描写となっているのが、「そこにいるのだ。」という感覚になりますね。崖から見下ろす所なんかは、高所恐怖症の人は震えてしまうかも。

・素早い動作のシーンでは、3Dの作り込みがついて行かず(?)若干違和感がありました。

・字幕付きはちょっと失敗でした。せっかく奥行きを感じることができる時も、字幕の平面に引き戻されてしまいます。3Dを楽しむためには、吹き替え版がいいかも。

・観る場所も大事です。今回は、真ん中よりやや後方に座りましたが、3Dの効果を最大限楽しむためには、全視野をスクリーンで覆われるように、より前のポジション取りがいいかも。

3Dも良かったですけど、惑星パンドラの自然というか映像美を観るためだけでも価値があるんじゃないかと思います。

あとはやっぱり、『自然を大切に!』

|

« ポチッとな | トップページ | 青いバラ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538346/47146603

この記事へのトラックバック一覧です: そこにいるのだ。:

« ポチッとな | トップページ | 青いバラ »