« 2010年6月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年8月

2010年8月29日 (日)

TIPS : リモートPCのサービス起動/停止、バッチ実行を行う

ホストPCからリモートPCをコントロールしたいというのは、よくありがちな状況です。
その場合は、リモートデスクトップや、RealVNC、pcAnywhereなんかを使用するパターンが多いです。
しかし、バッチの起動や、サービス起動・停止を行いたい場合は、GUIよりCUIが圧倒的に使いやすい。
CUIにすると、ジョブ管理ソフト(タスクスケジューラや、JP1、SystemWalker等)からも操作できて便利です。
その方法とは、

1.以下のサイトから、「PsTools.zip」をダウンロードします。

http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb896649.aspx

2.ダウンロードしたファイルを、ホストPC側(コントロールする側)で解凍します。

3.解凍して出来たファイル「PsService.exe」「PsExec.exe」を、ホスト側のパスが通ったディレクトリに配置します。

以上です。簡単です。以下は解凍したところ。

C:\TEMP\PsTools>dir

 C:\TEMP\PsTools のディレクトリ

2010/08/29  19:34       <DIR>          .
2010/08/29  19:34       <DIR>          ..
2006/07/28  09:32                7,005 Eula.txt
2008/08/29  15:10              155,960 pdh.dll
2010/04/27  11:04              381,816 PsExec.exe
2006/12/04  17:53              105,264 psfile.exe
2010/04/27  11:04              333,176 PsGetsid.exe
2010/04/27  11:04              390,520 PsInfo.exe
2009/12/01  10:52              621,944 pskill.exe
2010/04/27  11:04              231,288 PsList.exe
2010/04/27  11:04              183,160 PsLoggedon.exe
2010/04/27  11:04              178,040 psloglist.exe
2006/12/04  17:53              105,264 pspasswd.exe
2010/04/27  11:04              169,848 PsService.exe
2006/12/04  17:53              207,664 psshutdown.exe
2006/12/04  17:53              187,184 pssuspend.exe
2007/02/10  09:46               64,126 Pstools.chm
2007/11/06  09:17                   39 psversion.txt

C:\TEMP\PsTools>

この中で今回使うのは、「PsExec.exe」「PsService.exe」です。
まずは、「PsExec.exe」から。

C:\TEMP\PsTools>psexec /?

PsExec v1.98 - Execute processes remotely
Copyright (C) 2001-2010 Mark Russinovich
Sysinternals - www.sysinternals.com

PsExec executes a program on a remote system, where remotely executed console
applications execute interactively.

Usage: psexec [\\computer[,computer2[,...] | @file]][-u user [-p psswd][-n s][-l
][-s|-e][-x][-i [session]][-c [-f|-v]][-w directory][-d][-][-a n,n,...
] cmd [arguments]
     -a         Separate processors on which the application can run with
                commas where 1 is the lowest numbered CPU. For example,
                to run the application on CPU 2 and CPU 4, enter:
                "-a 2,4"
     -c         Copy the specified program to the remote system for
                execution. If you omit this option the application
                must be in the system path on the remote system.
     -d         Don't wait for process to terminate (non-interactive).
     -e         Does not load the specified account's profile.
     -f         Copy the specified program even if the file already
                exists on the remote system.
     -i         Run the program so that it interacts with the desktop of the
                specified session on the remote system. If no session is
                specified the process runs in the console session.
     -h         If the target system is Vista or higher, has the process
                run with the account's elevated token, if available.
     -l         Run process as limited user (strips the Administrators group
                and allows only privileges assigned to the Users group).
                On Windows Vista the process runs with Low Integrity.
     -n         Specifies timeout in seconds connecting to remote computers.
     -p         Specifies optional password for user name. If you omit this
                you will be prompted to enter a hidden password.
     -s         Run the remote process in the System account.
     -u         Specifies optional user name for login to remote
                computer.
     -v         Copy the specified file only if it has a higher version number
                or is newer on than the one on the remote system.
     -w         Set the working directory of the process (relative to
                remote computer).
     -x         Display the UI on the Winlogon secure desktop (local system
                only).
     -priority  Specifies -low, -belownormal, -abovenormal, -high or
                -realtime to run the process at a different priority. Use
                -background to run at low memory and I/O priority on Vista.
     computer   Direct PsExec to run the application on the remote
                computer or computers specified. If you omit the computer
                name PsExec runs the application on the local system,
                and if you specify a wildcard (\\*), PsExec runs the
                command on all computers in the current domain.
     @file      PsExec will execute the command on each of the computers listed
                in the file.
     program    Name of application to execute.
     arguments  Arguments to pass (note that file paths must be
                absolute paths on the target system).

You can enclose applications that have spaces in their name with
quotation marks e.g. psexec \\marklap "c:\long name app.exe".
Input is only passed to the remote system when you press the enter
key, and typing Ctrl-C terminates the remote process.

If you omit a user name the process will run in the context of your
account on the remote system, but will not have access to network
resources (because it is impersonating). Specify a valid user name
in the Domain\User syntax if the remote process requires access
to network resources or to run in a different account. Note that
the password is transmitted in clear text to the remote system.

Error codes returned by PsExec are specific to the applications you
execute, not PsExec.


C:\TEMP\PsTools>

初回起動では、使用許諾の画面が出ますが、「Agree」で問題ないです。

Psexec

では早速テストコマンドを。ここでは、リモートPC「TESTCOMPUTER」上ににあるバッチファイル
「C:\Program Files\Test.bat」を起動してみます。

C:\TEMP\PsTools>psexec \\TESTCOMPUTER -u TESTDOMAIN\TESTUSER -p PASSWORD "C:\Pro
gram Files\Test.bat" PsExec v1.98 - Execute processes remotely Copyright (C) 2001-2010 Mark Russinovich Sysinternals - www.sysinternals.com C:\WINDOWS\system32>time /t  1>C:\test.txt C:\Program Files\Test.bat exited on TESTCOMPUTER with error code 0. C:\TEMP\PsTools>

ちなみに、「C:\Program Files\Test.bat」の中身は
time /t > C:\test.txt
というものです。
どんなコマンドが実施されたか、その結果はどうかというのが分かるということですね。

では次に、「psservice」を

C:\TEMP\PsTools>psservice /?

PsService v2.24 - Service information and configuration utility
Copyright (C) 2001-2010 Mark Russinovich
Sysinternals - www.sysinternals.com

PsService lists or controls services on a local or remote system.

Usage: psservice [\\Computer [-u Username [-p Password]]]  
Cmd is one of the following:
   query      Queries the status of a service
   config     Queries the configuration
   setconfig  Sets the configuration
   start      Starts a service
   stop       Stops a service
   restart    Stops and then restarts a service
   pause      Pauses a service
   cont       Continues a paused service
   depend     Enumerates the services that depend on the one specified
   find       Searches for an instance of a service on the network
   security   Reports the security permissions assigned to a service
Use the username and password to log into the remote computer in cases where
your account does not have permissions to perform the action you specify.

Omitting a command queries the active services on the specified computer.
Enter -? for help on a particular command.


C:\TEMP\PsTools>

初回起動では同じく、使用許諾の画面が出ます。「Agree」で。

Psservice

ではテストコマンドを。ここでは「Apache Tomcat 6」サービスを開始してみます。

C:\TEMP\PsTools>psservice \\TESTCOMPUTER -u TESTDOMAIN\TESTUSER -p PASSWORD star
t "Apache Tomcat 6" PsService v2.24 - Service information and configuration utility Copyright (C) 2001-2010 Mark Russinovich Sysinternals - www.sysinternals.com SERVICE_NAME: Apache Tomcat 6 DISPLAY_NAME: Apache Tomcat 6 Apache Tomcat 6.0.26 Server - http://tomcat.apache.org/         TYPE              : 10 WIN32_OWN_PROCESS         STATE             : 2  START_PENDING                                (NOT_STOPPABLE,NOT_PAUSABLE,IGNORES_SHUTDOWN)         WIN32_EXIT_CODE   : 0  (0x0)         SERVICE_EXIT_CODE : 0  (0x0)         CHECKPOINT        : 0x0         WAIT_HINT         : 2000 ms C:\TEMP\PsTools>

ちなみに、ホスト側PCは、Windows2000 Professional SP4でも大丈夫でした。

これで、処理の集中管理ができますね。

ただ、リモートPC側がWindows2000系でも良いかはテストしてません。あしからず。

2011/04/03 追補

psexec/psserviceともに、コンソールアプリケーションでは無いようです。

富士通のジョブ管理ソフト「OperationManager」でこれを呼び出しても無反応でした。

画面からの応答を待っているので無反応なんだと思います。確証はないですけど。

日立の「JP1」でも同様かも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

道路情報 県道12号花巻大曲線通行止め

萱峠の北にある、県道12号花巻大曲線に行ってみましたが、こちらも通行止めの看板が。

Photo

秋田・岩手間を結ぶ林道は、このほかにも

・南本内林道

・三森山林道

・真昼岳林道

がありますけど、真昼岳林道も通れるかどうか怪しい感じ。

今回はそこまで確認しませんでした。

おまけ・・ヤマブドウが普通のブドウのように、房になっているなんて、初めて見ました。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

道路情報 萱峠通行止め

以前陥没したところを突破して以来、10年強行っていなかった

秋田と岩手を結ぶオフロード「萱峠」に久しぶりに行ってみました。

今回は、秋田側(通行止めの標識なし)からアプローチしたのですが、オフロードというよりは

廃道といった方がいい荒れようです。

アブが大量発生していましたので、肌の露出は避けた方が無難ですね。

Photo

で、以前の陥没箇所では、工事が行われていました。

それにしても、長い工事・・・まあ、以前は陥没していたわけですから、

ここまで復旧したのも大したものといえば大したものです。

Photo_2

工事現場の人とお話ししたところ、来週から(8月16日から)通行止めになる

とのこと。廃道にならないよう、関係者の方がんばってください。

でも、利用率・利便性からすると、補修対効果はあまりよろしくないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年10月 »