« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月28日 (日)

Microlonて効くのか?? その後2

さて、北海道という長距離走行ステージを走ったので、燃費結果をまとめて見てみたら。。。

それほど「良くなった!」という感じはないですね。悪くはないが、いつも通りって感じです。

50~70km/hくらいでの走行を継続するのが、燃費が良くなる条件ですが、

そんなシチュエーションは少なかったからな~。というか北海道の一般道平均速度が高過ぎ。

ちなみに、総合平均35km/リットル台にのったら、間違いなく良くなったって言えるけど

今回は、総合平均32.36km/リットル。

それ以外の効能(エンジン音が静かになったとか?)は、今のところ特に気づきなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

道路情報 道東大規模林道 道路崩壊により通行不可・・か?

道東大規模林道(道東スーパー林道)を走ってきたので、情報をUP
結論から言うと、林道起点から、55.4km付近で、道路崩壊があるように思います。

「思います」というのは、、、支線かも知れないなあと。。。

あと、走行距離はメーター読みなのと、GPSをもっていってないので、若干正確性が・・・。
http://xjr.blog.shinobi.jp/Form/133/
なんかが、もっと詳しい気もします。

 

留真温泉からしばらく進むと、「道路崩壊のため通行できません。」の看板が。

そもそもこの林道、結構な期間通行止めなので、まあいつもだろうと気にせず進みます。

0

 

で、ここが林道の起点。先ほどの看板から、3.2km進んだところ。

「日本一なが~い」というところが、不安をあおります。

距離が距離だけに、最悪ピストンとなると、150km近くは走ることになるし、

荒れているだろうから、時速換算で20kmくらいとすると、走りきるのに最悪7時間かかる。

でも走りに来たので、チャレンジだっ!

1

さあ行くぞっ、・・・って、既に第1関門ですか!車は林道起点0kmで終了。

バイクは、なんとか横を抜けられます。が、当然自己責任で。

2

 

起点から9.3km地点。第1のゲートがあります。こちらも横を抜けることができます。

3

 

写真はないですが、途中、ヌツキベツ林道と合流する地点が2ヶ所あります。

1ヶ所目(起点に近い方。距離は不明)はチェーンで閉鎖されていました。

2ヶ所目(起点から遠い方。距離は不明)は、通れるようですが、今回は確認していません。

この1ヶ所目合流点と2ヶ所目合流点の間の道東大規模林道は、

ガレ場あり、深い轍(というか表土流出?)あり、路肩崩壊あり、と結構ハードなので走行注意です。

路面の写真を撮る余裕が無かった・・・

 

なんとか走って、起点から34.3km地点。第2のゲートがあります。こちらも横を抜けることができます。

4

 

起点から37.8km地点。小音別林道との合流地点です。

車が通行した後があり、ホッとさせてくれます。なにかあっても、ここから脱出出来るって事だから。

5

 

起点から40.0km地点。里音別林道との合流地点です。

6

この林道は道東自動車道(根室線)の工事車両通行道路も兼ねているようです。

この後、忽然と工事現場が出現。夏休み期間中だったようで、人はいません。

9

 

起点から41.7km地点。白音林道との合流地点です。こちらも、工事道路と化しています。

7

 

起点から52.2km地点。みごとに道路崩壊しています。

脇を通る、徒歩なら、とか絶対無理っ。完全に寸断です。

高速自動車道の工事が優先で、ここは当分直されないだろうな~。

8

で、ここが道東大規模林道の本線だったかというと、う~ん。支線という可能性を100%否定できない自分。

天候も崩れ初めたので、それっぽい分岐をつぶしていく暇もなく、

さっさと里音別林道→音別町憩いの森への進路をとって、撤収。

 

里音別林道起点です。ここにたどり着いたと同時に、土砂降りになりました。ギリギリセーフ。

10

 

全線通行は出来なかったけど、ほとんど通れないと思っていたのがそこそこ走れたので、満足。

ただ、走りを100%楽しめたかというと??熊・荒天・遭難の恐怖がついてまわりました。

不安を取り除くには、

「日程やアタックルートは誰かに知らせておく」

「グループでいく」(現地経験者やメカニックがいればさらに安心)

「天気の良い日を選ぶ」

「時間に余裕を持つ」

「燃料は満タンで」

が重要です・・・まあ、そんな良い条件下ってそうそう無い。

 

プチ情報

浦幌の町側にちょっと入った「ホクレン」に、高圧洗浄機を備えた洗車場があったので、走行後の泥落とし。

水だけ4分間で、200円だったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

道路情報 ペンケニコロベツ林道通行止め

北海道のパンケニコロベツ林道を走ってきました。

並行するペンケニコロベツ林道は通行止め箇所があるようなので、情報をUP。

「ペンケ」と「パンケ」、違いは1文字ですがしっかり区別するように!

アイヌ語で「ペンケ=上」「パンケ=下」だそうです。

Photo

平成21年から工事をやっているようですし、メジャーな林道なので、既にみんな知っているかも。

シートカチ林道側も問題なく通行できるようです。

シートカチ林道+ペンケニコロベツ林道+パンケニコロベツ林道の合流点にはマークがありました。

通行止めを意味するのか?向かって奥が通行止めのペンケニコロベツ林道です。

2_2

通行止め案内看板には「佐幌二ノ沢林道」というのも見えますが、

パンケニコロベツ林道との合流点はよく分からなかった。

走っていた林道ライダーに聞いてみても、「佐幌二ノ沢林道」は知らないとのこと。

あまりメジャーじゃないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

道路情報 ピヤシリ林道通行止め

北海道のピヤシリ林道を走ってきました。

が、一部通行止めがあったので、情報をUP

採石工場側から北(雄武町)側に抜ける道は、路体決壊のたあめ通行止めでした。

ゲートでもしっかり守られています。理由が理由だけに長期化するかも。

1

なよろ温泉側からピヤシリ山山頂までの区間は問題なく通行可能。

ピヤシリ林道から山頂までの2kmは、手前に広場+ゲートがあるので

車・バイクをおいて徒歩でどうぞ。

2

そこから雄武町側(奥幌内本流林道)に抜けようとしたところ、通行止めに遭遇しました。

3

バイクなら横は抜けられそうですが、自粛しました。

後で、この道を抜けた人に状況を聞いたところ、倒木が道をふさいでいるようです。

バイクなら脇を通行可能だったとか。まあ、こちらは直ぐにでも復旧となるかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

Smalltalk

先日、Smalltalkのセミナー(というか勉強会?)に参加してきました。

このセミナーは、講師に直接ノウハウ等を聞けるすばらしい機会だったと思います。

が、超入門者の私は、宝の持ち腐れ。ブタに真珠。猫に小判。馬の耳に念仏、っとこれは違う。

以前仕事で一瞬だけVisualWorksを使ったことがあったので、興味は持っていたのですが、

仕事ではその1プロジェクト限り。。。

言語ではなく環境というのもあり、とっつきにくい感はありますが、面白いなと改めて思いました。

新しい開発環境ってワクワクしますよね。いい刺激をもらえました。

Smalltalkを使ったアプリ開発に関しては、メジャーではないので情報収集が大変そうです。

マイナーな環境を勉強するには、セミナーもいいですが、無償試用版や書籍が活躍します。

MicrosoftもExpressEditionを無償で準備して、開発者の裾野を広げています。

これは良い戦略だと思います。

Smalltalkの環境は、Cincomのサイトから非商用版がダウンロード出来るみたいです。

あと「書籍」。生きの良い情報は、ネットにあるかもしれませんが、じっくり取り組みたいときや

体系だって勉強したいときは、やはり書籍の形を取っていた方がいい気がします。

いい本だったら、という前提ですけど。

ただ、ニッチなカテゴリだと、書籍があるだけでもう「買い」です。

そういったものは、いずれ絶版になってしまい、後からでは入手できない可能性が高いです。

とはいえ、ニッチだけに、、高いっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

中長期の天候を推測する方法

天気予報は、皆さん意識することなく、ニュースや携帯アプリ等で利用していますよね。

Webでの利用サイトは、どうでしょう?

日本気象協会

ウェザーリポート

あたりがメジャーでしょうか。私は、日本気象協会派ですけど。

これらで主に入手できる情報は、今日明日、長くて1週間くらいまでがほとんどかなと思います。

が、たまに、結構先の、いってみれば中長期先の情報が欲しいときなんかがあります。

中長期といっても、10年先の平均気温や降水量推定というようなスパンではなく、

3ヶ月とかですけど。。。

バイクで旅行するときなんかは、この時期のこの地域の天候の傾向はどうかな~

なんて思いながら、テント泊にしようかホテルを取っちゃうかを決めたりとか。

さすがに雨と分かっているのにテント泊はしたくない。日和ってます、ハイ。。。私だけか?

確かに上記サイトにも3ヶ月予報とかがありますが、個人的には全然アテにしてません。

てか、傾向しか表記してないし、、、「晴れ時々曇り所によっては雨でしょう」的な?

そんなときの心強い味方が、

「天気出現率」

のサイトです。これ、実は予報ではなくて、過去の実際の天気がどうだったのかの事実に過ぎません。

ですけど、前後5日位を眺め、かつ周辺地域を眺めれば、

その時期のその地域は、こんな天気が多かった=今年もその天気。。かも!

という理屈で、利用してます。

まあ、とはいえ、降られるときは降られるんですけどね。なんで、気休めといえば気休めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »