« 道路情報 国道239号 | トップページ | HDD物理障害・・・その2 »

2011年9月10日 (土)

HDD物理障害・・・その1

自宅メインPCが突如立ちありきれず、リブートするようになった。。。
特に何かをインストールアップデートしたからというわけでもなさそう。
直近でやったのは、デフラグくらいだ。
これは、HDDの不調だと思い、せめて必要なデータくらいは今のうちに待避しておこうと、
IDE→USB変換機に接続しようとしたところ、コネクタが堅くてとれない。。。

えいやっと強引にプライヤで引っこ抜いたら、抜けてはいけないものまで抜けてしまった。
事前にCRCでも吹きかければよかったかもしれないが、後の祭り。

Photo

外部媒体にバックアップしていないデータ等がそこにあるので、ちょっと青ざめた。
昔、会社のHDDが壊れて、復旧に100万近く(それ以上だったかな?)かかった記憶がよみがえる。

PCがないと連絡・調査の方法がなくなるので、まずは、セカンドPCの準備にはいる。

昔使ってた、ThinkPad を引っ張り出して使用。

さすがにPenⅢだと遅い。起動時ウィルスチェックがすごい負荷で、立ち上げ直後5分はまともに使えない。。。

んでもって、データ復旧に関することをネットで調査。

ハードディスクの物理障害、果たして本当に復旧できるのか?~前編~

を読んでみると、復旧業者に出すのも怖くなってしまった。

とはいえ、背に腹は代えられないので、ネットで探した日本データテクノロジー にメールで状況を説明。

その後の電話のやりとりで、他に論理・物理障害がなければ、5万円+リストア用メディア代程度という感触を得た。

だめもとで努力して、だめなら、ここにお願いするしかないかな。

ということで、今日はここまで。

|

« 道路情報 国道239号 | トップページ | HDD物理障害・・・その2 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538346/52686708

この記事へのトラックバック一覧です: HDD物理障害・・・その1:

« 道路情報 国道239号 | トップページ | HDD物理障害・・・その2 »