« docomo STYLE series N-03D | トップページ | ブラウザシェア »

2012年2月 5日 (日)

Edyのロゴ変更について思うこと

2012年6月1日から、「Edy(エディ)」が「楽天Edy(ラクテンエディ)」と名前・ロゴを変えるそうです。

商号、サービス名称およびロゴ変更に関するお知らせ

社内公用語を英語にしようとしている組織の所行とは思えないほど、

「ださい」ロゴ変更に見えてしまうのは、私だけでしょうか。。。

そもそも「Edy」って、ユーロ(Euro)・ドル(Dollar)・円(Yen)の頭文字から作成された、

ワールドワイドかつ主要な通貨(的なもの)にしたいという気概をもったネーミングです。

ロゴもシンプルで、「ブルー」系の色も「ノーブル・気高い・上品・清潔・クリア・クール」をイメージさせる、

いいデザインと思います。

「ロゴがかっこいい」というのは、一般的に使用される、それなりに重要な要素と思います。

それなのに、ロゴ中に「楽天」という文字を入れてくるとは。。。

「楽天」自体を、まだまだ「ネット中心のうさんくさい会社」として悪いイメージで捉える人が多い気もします。

「楽天」自信が新たに物を創造・生産しているのではなく、他人のふんどしで相撲している感というか、

各種会社をM&Aしてそれらをどんどん楽天色(名前も・・・)に改変していっているっていうのも、

その悪いイメージを加速させているんじゃないでしょうか。ハゲタカイメージ?

楽天はコングロマリットを目指しているのかな?

上記のような、悪いイメージのままだとブランディングに失敗する可能性が非常に高いと思わざるを得ません。

「ステマ」という言葉とともに、ネットの信頼性というか客観性・公正性がピックアップされましたが、

「実業」でない「虚業」に対しての嫌悪感が噴出したのも一因と思います。

まあこの場合、ロゴにもろ名称を出しているので、「ステルス」でなないですけどね。。。

ちなみに、楽天が85%、ドコモが5%、ソニーが5%、ANAが2%の株を保有しているそうです。

最後に、ロゴ自体をデザイナーの観点から考察している方がいらっしゃいましたので、それを紹介します。

DESIGN ARCHIVE - BLOG: 楽天Edyのロゴデザインについて考えよう。

|

« docomo STYLE series N-03D | トップページ | ブラウザシェア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538346/53910065

この記事へのトラックバック一覧です: Edyのロゴ変更について思うこと:

« docomo STYLE series N-03D | トップページ | ブラウザシェア »