« 開発言語系シェア | トップページ | 携帯電池の保ちをよくする方法 (N-03D 追補) »

2012年2月26日 (日)

はやぶささんと付喪神

先日、ニコニコ動画の「探査機はやぶささん」が完結してました。

pixivでは一足先に完結してましたが、音楽と動きがあるとまた感じかたが違うというか。

動きと音楽があると、より分かりやすいし、より感動する。

Amazonでも、本が出版されてます。

本の方は、重版決まったみたいですけど、今時点で、Amazonでは新品購入できないんですよね~。

残念。

Amazonレビューにある「ギャグマンガ」はちょっと違うような。。。

あきらめないこと、継続することの大切さ、そして裏側にあるみんなの情熱が分かります。

擬人化がきもい、という人もいるでしょう。

でも、日本人なら、「探査機はやぶさ」には、「付喪神」を感じざるを得ないのでは?

「付喪神」は室町時代あたりから文献に登場するらしく、昔から、擬人化はされてきたんですね。

英語では、「付喪神」=「artifact spirit」「god of great age and experience」

と表現するらしいですが、ちょっと違う気がする。

欧米の人は、どっちかというと、映画の「AI」みたいなシチュエーションじゃないと、

機械が魂を持つなんて発想はないんじゃないだろうか?

付喪神といえば、「ファントム無頼」の「第32話 さらば、わが友よ」を思い出した。

古いな。。。

|

« 開発言語系シェア | トップページ | 携帯電池の保ちをよくする方法 (N-03D 追補) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538346/54084401

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶささんと付喪神:

« 開発言語系シェア | トップページ | 携帯電池の保ちをよくする方法 (N-03D 追補) »