« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月25日 (日)

Windowsマシンで、MD5・SHA1を得る方法

MD5やSHA1は、ファイルをダウンロードした際に、ダウンロード後のファイルの正しさを検証するために使用する、

いわゆるチェックサム値ですが、一般的に使われている割には、Windowsマシンの標準機能では、取得できません。

ウィルスの混在等をチェックという意味においては、そもそもMD5値取得時から混入している場合もありえすので、

あまり意味はなさないですが、そうかといって全く使用しないかというと、やっぱりそうでない。(どっちなんだ・・・)

巨大なファイルなんかの場合は、特にチェックした方が万全です。

ISOファイルなんかをダウンロードして、CD/DVDに焼いてみたら意味のないデータだった、、

なんてことが昔ありました。。。

MD5チェックのためだけに、LinuxマシンやCygwinを使用するのも、スタイリッシュじゃないので

ここは、マイクロソフト純正のツールを使います。

可用性とは、ファイル チェックサム整合性検証ユーティリティの説明

にいって、ユーティリティパッケージをダウンロードします。

後は、上記ページに書いてあるとおりに、インストールすればOK。

「システムパスに、FCIVフォルダを追加します。」とありますが、パスをやたら増やすのも嫌なので、

FCIVフォルダにある「fciv.exe」を、システムフォルダにコピーしても問題なく動きました。

私は、「C:\Windows\System32」にコピーして使ってます。

ちなみに、Windows7 64bit でも大丈夫でした。

でもこれ、コマンドベースなので、GUIに慣れた人はちょっと取っつきが悪いというか、

分からないかも。。。

そんなに人には、このツール

HashTab Shell Extension

これは、ファイルのプロパティウィンドウを拡張して、MD5・SHA1値を表示してくれる優れもの。

ただし、私は使ったことがないです。あとこれ、商用利用は駄目ですよ。会社なんかで使用してはいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

ル・マン

今年のルマンが2012年07月16日~2012年07月17日にかけて開催される予定です。

Audiが常勝になると、いまいちつまらないと思って、今年はネット中継みるのやめようと思ってました。

が、トヨタの参戦決定と、日産+デルタウィングの実験車両を見て、どうしようか迷ってる。

最近は、F1も地上波で行われなくなったし、そもそも今までもルマンは、日本のTVでは中継されない。

「最近の若者は車離れ~」とか言うなら、離れないよういろいろTV中継とか企画して欲しい。

最大の広告主のトヨタ、あんただよ、あんた(笑)

とはいえ、注目度はどうなんでしょう。

特にデルタウィングの実験車両、どれくらいのパフォーマンスを見せてくれるのか?

まあ、「糞」というコメントなんかもあるので、どうかな~とは思いますが、Audiをぶち抜くようなことがあれば

面白いじゃないですか!

ネットの実況版やTwitterで、状況を追っかけるのも、(たまになら)面白い。

2012/06/23 追記

今更だけど書き込んだ開催日付が1ヶ月ずれてますね。

これを信じて見れなかった人がいたらごめんなさい。。。

正しくは、2012年06月16日~2012年06月17日でした。。。

結果は、「またアウディか。。。」「トヨタ何しやがる(怒)」って感じかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

変わること・変わらないこと

311から1年。

なにか変わったかといわれると、

まあシステム屋的なところをみると、BCP(BusinessContinuityPlan)関連とかが

引き続き注目されている感はありますが。

日本国のBCPとしてみると、全然進んでない気がする。

日本国のコアコンピタンスとはなにか、それをどのように維持発展させていくのか、

有事の際の対応やリスクヘッジはどうするか等。

経営陣に相当する、国会・内閣がだめだめだからな~。報酬受け取れればそれで良いってか?

株主に相当する国民も、物言わぬ株主だし。このままだと、ハゲタカに乗っ取りされるかもね。

と達観する自分も駄目な一員に成り下がってしまいそう。。。

もっと熱くなれよ!

憲法12条抜粋「不断の努力によつて、これを保持しなければならない」(←そういえば、久しぶりに憲法見たな。)

熱意や努力なくして、今が続くなんてありえないということだよね。

 

なんかふと、銀河鉄道999の名言を思い出した。

『例え、父と志は違っても、それを乗り越えて、若者が未来を作るのだ。

親から子へ。子からまたその子へ血は流れ、永遠に続いていく。

それが本当の永遠の命だと、俺は信じる』・・・キャプテンハーロック

然り!

両者ともに良作品デス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

携帯電池の保ちをよくする方法 (N-03D 追補)

以前の、「docomo STYLE series N-03D」で調査した電池の保ちですが、

良い結果がでました。

なんとほぼ1ヶ月保ちました。カタログスペックに偽りなしという感じです。

といっても通話していない、連続待ち受け時間なので現実としてどうなの、というのはありますが。

設定の妙味は、多分「・3G/GMS:3G指定」に固定したのが良いんじゃないかなと。

国内で使用する分には、GMSなんて使わないんで、電波サーチさせる必要ないってことでしょう。

電池の保ち時間とは着眼点を変えて、電池パックの保ちをどう伸ばすかというのを

いろいろ調べたのでメモ。ちなみに、リチウムイオン電池向けの内容です。多分。

・充電しっぱなし(充電完了しても充電器へ置きっぱなし)は避ける。

 →過充電になるかららしい。

・アプリを使用しながら(負荷をかけながら)の充電は避ける。

 →高温での充電は、劣化を早めるらしい。

・満タンのまま、電源を切ってしまうのは避ける。

 →満充電で保存すると劣化する特徴があるかららしい。

 →→携帯なら、待ち受けにしていれば電池を消費しているから、それでOK。

・パワーメーターが残り1~2目盛り位になったら、充電する。

 →空まで使い切ってから充電(深充電)すると、充電回数(最大500回とか)にカウントされ劣化する。

 →→逆に、使い切らず充電(継ぎ足し充電)すると、充電回数にカウントされず、より長く使用できる。

最後は意外でした。

限界までというか、充電してくださいとアラームが出て自動シャットダウンするまで使用してから

充電することがいいことだと思っていたんですけど。

電池特性って使用物質により変わるんですね~。当たり前だけど。

使い切ってからのほうがいいのは、ニッケルカドミウムあたりまでか?

リチウムイオンとリチウムイオンポリマーの違いがよく分からなかったりする。。。

どうでもいいけど、N-03Dの外部スピーカーってちょっとパワー不足というか。

スピーカー側(カメラ側)を下にしてクッションとかに置くと、アラームがさっぱり聞こえない。

この点、前に使っていたW52Hは、スピーカーが横にあるタイプだったので良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »