« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月24日 (日)

DB2 Express-C インストール

まずはここから。

DB2 Express-C インストール の際に気付いた点を、記録。

それ以前に、インストーラー等に関連するサイトは、下記参照。

DB2 Express-C デベロッパー・ポータル

デフォルトで普通にインストールすると、入門用として、SAMPLEデータベースも設定されます。

それ自体はまあ別に良いんですが、配置する先が問題。というか、自分で配置場所を選べません。

インストーラで「カスタム」を選択すると、普通(というか私が期待する動き)は、配置先を

自分で入力できるのですが、

「共通アプリケーションのトップ・パス」

Db2_01


というそれらしい部分で設定しても、そこは作られるデータベースパスではないです。

これはこれで、個人的には醜い場所がデフォルトなのですが。。。

私の場合は、勝手に「C:\DB2\NODE0000\SAMPLE」というパスを作られて、

そこに設定されてしまいました。

(複数のドライブレターがある場合までは検証していません。)

Db2_03

これでは嫌だったというか、納得いくディレクトリにデータベースを配置したい。

ということで、インストールの際は、オプションで、「カスタム」を選択。

Db2_02

インストールするフィーチャーの選択で、「入門」をチェックオフ

Db2_04


あとはお好みで。そうすると、SAMPLEデータベースはできません。

じゃあどうすれば、自分が作りたいディレクトリに作れるかというと、

パスを指定してデータベースをコマンドラインから作ります。

Db2_05

「C:」を指定した場合は、「C:\DB2\NODE0000」が作られて、その下に、「TEST1」データベースが作成されました。

Db2_06

このことから、「C:」の代わりに、自分が作りたいディレクトリを指定すれば、その直下に

「\DB2\NODE0000\[データベース名]」という要領で作られるみたいです。

・「DB2」や「NODE0000」も、いらんのじゃ!

という場合、どうするんでしょうかね。

とりあえず、サブディレクトリまでは気にしないことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

DB2 管理ツール

本当は先に、「DB2 Express-C V10.1」のインストール時の注意点(?)をメモしようと思ったけど、

資料が散在してしまった。

ということで、先に、DB2の管理ツールについてメモ。

DB2の管理については、今までは「コントロールセンター」というものがありましたが

V9.7以降非推奨とされており、今後は「IBM Data Studio」というものに置き換わるとのこと。

Oracleでいうところの、「SQLDeveloper」的なものですな。

IBM Data Studio 入門 ― DB2運用管理の新GUIツール

IBM Data Studioクイック・スタート

しっかし、このツール、起動・動作がむちゃくちゃ重い。

確かに自分が今回の仕事で使用しているPCが最新スペックでは無いにしろ、重い。。。

Eclipseベースに開発されたらしい、、どおりで、、というかそれに輪をかけて酷い。

SQLDeveloper」の方がまだ軽い。

ちなみに、JDBCドライバを組み込めば、「SQLDeveloper」でも、DB2に接続・操作できます。

まあ、「SQLDeveloper」では、システムに絡む細かな操作等はできないっぽいですが。

どこまで操作上の違いがあるかは、暇があったら纏めてみます。

他には、「SI ObjectBrowser for DB2 ver1」なんていうのもあるみたいですが、

対応DB2のバージョンが「V9.7」まで、というのと、「SJISのみ対応(UNICODE 非対応)」

というのが引っかかる。

リソースを(おそらく)食わない、コマンド行プロセッサというものがあるが、

まだまだ慣れていないので、全然使えない。。

SQL*PLUSとの対比一覧が欲しい。。。これも暇があれば取り纏めよう。。。

一応、CLP*PLUSというものがあるが、これも後日検証。

結論。

慣れてきたら、GUI(=IBM Data Studio)はやめて、CUI(コマンド行プロセッサ)で行こう!

それまでは、我慢の子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

ドライビングスクール一覧

先日、ドライビングスクールに行ってきました。

といっても、教習所ではないです。

かといって、「~級ライセンス取得」とか「全開サーキット走行!」とかいうのでもないです。

各自動車メーカーが主催している、アクティブセーフティドライビングを教えるスクールがあるのですよ。

これ結構良い経験になるので、個人的に都合が付く限り、定期的に行くことにしてます。

車(主としてタイヤ)の限界付近でのコントロールを身につける、というのが最終目的ですが、

どこまでできてどこまでできないのかを、身にしみて体感する、というのが主目的です。

とりあえず以下の一覧を備忘録的に掲載。

トヨタ ドライバーコミュニケーション

ホンダ(ツインリンクもてぎ) アクティブセーフティトレーニングパーク

JAF 運転実技講習会

BMW ドライビングエクスペリエンス

アウディ ドライビングエクスペリエンス

ポルシェ スポーツドライビングスクール

ブリジストン タイヤセーフティードライビングレッスン

ポルシェは頭一つ抜けているかな。。。

これらを経験すると、、、

「広いところで、パイロンスラローム練習してぇーっ」

とか、思うこと必至。人によっては、ジムカーナに目覚めてしまうかも。

絶対スピード(特に直線)って運転者要素より、単なる車の性能でしょ?

そうじゃなくて、運転者が車をクレバーにコントールできることこそが、格好良いのです。

それが車との対話ってところでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

DB2本

仕事で、DB2の開発に携わることになった。

昔は、資格を持っていたり、OracleとDB2との比較実証を行ったりして、それなりになじんだのだが

最近は、すっかり、ご無沙汰状態。

ここらで、勉強し直すのも悪くないと思い、まずは、Amazonで書籍探し。

が、これが醜い(というか笑える)結果に。皆さんも是非やってみて欲しい。

Amazonで、

検索で「本」を選択、「db2」と入力し、「Go」をクリック。

ここまでは、発想として普通。検索結果も普通ですね。

その後、右上の「並べ替え」で、「人気度」とか「出版年月の新しい順番」と選択すると・・・

なぜに(笑)

 

それはそうと、最近のDB2は、OracleのPL/SQLがそのまま移植(というか移行)が可能とか聞いている。

実際どうなのか楽しみ。なんか面白いことがあれば、アップしたいと思います。

 

最新のV10の本はまだ無かったので、今回買った(というかクリックした)のはコレ。だけど、在庫あるのかね・・・

2012年06月17日 追補

上記DB2本「DB2 9.7 エバリュエーションガイドブック」ですが、無償ダウンロード可能

とのこと。(よって注文はキャンセル。Amazonでも調達できないっぽい。)

以下のサイトが、このダウンロード含め、DB2全般について、大変参考になります。

翔泳社からDB2の電子書籍が4冊同時に無料配布開始!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »