« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月24日 (日)

DB2 クロスプラットフォーム開発注意点 その2

「自律型トランザクション機能のサポート有無」

 

注意点というか、開発者の資質の問題でもあるのだが、

特定プラットフォーム・製品に慣れ親しんでしまうと、それがあたかもデフォルト・共通の

機能・作法となってしまうことを肌で感じた。

特定プラットフォームに相当するのが、「Oracle」です。「Oracle」の機能・作法(文法)が当然、

という認識の人がDB2のSQL/PLを作成すると、数々の落とし穴がありまして、その中でも個人的に

特大級な点が上記。

自律型トランザクション機能とは、非常に簡単に言うと、親から呼ばれた子プロシージャ側で、

親とは独立したトランザクションを切れる機能のこと。

通常、親側でなにか異常発生、あるいは、トランザクションを行ないたくないケースに該当した場合、

ROLLBACKを行うと、子側で発行したトランザクションもある意味当然ROLLBACKされます。

が、そうしたくないケースがありうる。

よく使うのは、DB内のテーブルに、処理ログ/アクセスログを書き込むようなパターン。

もし、親から呼ばれた子側の「処理ログ出力プロシージャ」もロールバックされてしまったら、

ログも書かれない=何が起きたか今イチ把握できない、、、

という、いざというときに使えないログになってしまいます。

(もちろん、トランザクションの順序等を工夫するとかして何とかする方法もありますが。)

そういう場合に便利なのが、この「自律型トランザクション機能」です。

DB2 for LUW では V9.7からこの自律型トランザクション機能が組み込まれました。

IBM DB2 9.7 for Linux, UNIX, and Windows の発表

しかし、同じDB2ファミリーでも、稼働OSによって、機能差があるのが落とし穴。

DB2 for i Series では、自律型トランザクションはサポートされていない。

これは痛かった。同一ファミリーなんだから使える機能は統一して欲しいっす。

調べてみると、自律型トランザクション機能が実装されているDBは、まだそれほど多くないらしい。

・Oracle ○

・DB2 for LUW  ○

・Firebird ○

・SQL Server ×

・MySQL ×

・PostgreSQL ×

という感じだろうか。

SQL Serverが対応していないのが意外っちゃあ意外。

こう見ると、自律型トランザクション機能実装派が少数派なので、それに依存していると、

他DBへの移植時に、それなりの労力を想定すべきっていうところか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

さよなら

実家で飼っていたペットが亡くなった。

享年何歳だったんだろう、あの猫。

拾ってきた三毛猫だったんだが、結構長く生きた気がする。

拾ってから10年?15年?位は共に過ごしてきたと思うので大往生だったと思いたい。

最後は、一番かわいがっていて、本人(本猫?)もなついていた父親と一緒に寝ていて

逝ったとのこと。安らかに眠ってくれ。

写真、なんかあまり撮ってなかったな。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

DB2 クロスプラットフォーム開発注意点 その1

前の記事にも書いたがDB2 for i5/OS をDBエンジンとして使用する案件に携わることに

なってしまったので、注意点などを纏めておこうと思う。

マジやりたくなかったんだが。。。

技術レベルが低い内容になるかも知れないが、それはそれで勘弁です。

まあ言ってみれば、こんなことに嵌ったという失敗例です。

その1では、開発環境などをメモ。ただし、フロント側はJavaなのでメモ省略。

バックエンドのDBが問題なので、そちらのメモを重点的に。

 

・検証系&本番系

OS: i5/OS v7r1m0

DB: v7r1m0

 

DB側はV7.1といっていいのか?iSeriesOSと密接(というかイコール?)に関係している。

上記が本来稼働させたいプラットフォーム&バージョン。

が、諸般の事情で、この環境に繋いでの開発が出来ないことが判明。

そこで、開発サイトに別環境を構築して、そちらでプレ動作テストをした後上記プラットフォームに

持ち込む作戦に。

 

・開発系

OS: Windows2008R2 Standard 64bit

DB: DB2 for Windows v10.1.0.872

 

ちなみに、DB2のバージョンを確認するには、コマンドプロンプトより、「db2level」と入力します。

DB21085I  インスタンス "DB2" は、"32" ビットおよび DB2 コード・リリース
"SQL10010" をレベル ID "0201010E" で使用します。
情報トークンは、"DB2 v10.1.0.872"、"s120403"、"NT32101"、およびフィックスパック
"0" です。
DB2 コピー名 "DB2COPY1" で製品は "C:\PROGRA~1\IBM\SQLLIB"
にインストールされています。

その2では、困ったことを纏める予定。

そういえば、表領域関連も「その1」で止まっているな・・・。

次の機会にでも更新しておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

販拡イベント一覧

恵方巻きというイベントはご存じだろうか?

大手のコンビニチェーンが、全国展開をしているから知らない人が少ないと思う。

広まり始めたのはここ10数年らしいのだが、体感的にはここ5年くらいの盛り上がりが

すごいように思う。

「広まり始めた」というのは語弊がかなりある。「広げ始めた」が正解だ。

ただ、日本人はこの手のイベント事との相性がかなり良いらしく、意外とと定着してしまう。

商用的な意味合いで考案されたモノとして纏めてみた。

・土用の丑の日のウナギ

・バレンタインデーのチョコ

・ホワイトデーのビスケット・マシュマロ・キャンディー

・節分の恵方巻き

・ボジョレーヌーボーのワイン

パッと思いつくのはこれ位かな?

 

ちなみに、年越し蕎麦も入るような気がするが、蕎麦業界の入れ知恵でなく、

「『今年一年の災厄を断ち切る』という意味で、大みそかの晩の年越し前に食べる」

というきちんとした由来があるらしいので、除外する(笑)。

節分=恵方巻きと捉えると、節分が年4回あることから、春夏秋冬4イベントに拡張しよう

という動きもあるらしいが、回数が増えると関心が薄まり、商業的に失敗する気がする。

恵方巻き=巻いている形状のもの=ロールケーキ!とか便乗しているので、

商魂たくましいというか何というか。

他国(特に欧米)ではこんな例ってあるんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »