« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月25日 (日)

Surface Por 3

Surface Pro 2 の512GBモデルがコンシューマ市場に出ないという記事を前書きましたが、

まだ512GBの供給も充分でない(?)このタイミングで、

Surface Pro 3 の記事が出てきました。

Core i7の構成も可能らしいです。

なにより、ナンバリングが、3の倍数というところが、「買い」であることを物語っています。

・・・っていうのは思い過ごしか?

日本発売は、8月末らしいです。

さて、どうするか・・・

Surface Pro 3 ニュース検索

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

TIPS : InternetExplorer8 にダウングレードする方法

以前、「IE8」がとある会社の指定ブラウザと書きましたが、

「IE8」がリリースされたのは、2009年3月20日と古いし、

そもそも現在のMicrosoftの最新ブラウザは、「IE11」です。

新規で購入したPCなんかは、「IE8」じゃなくなってますよね。

そんなPCを、「IE8」化する必要がある場合の手順を纏めました。

使用しているPCのアプリケーションコンポーネントや、よく見るサイトによっては、

「IE8」へのダウングレード非推奨の場合もあるので、自己責任でお願いします。

(その場合でも、再度IE11なんかにアップグレードはできるとは思うが) 

なお、対象としているのは、Windows7です。

まず、現在使用しているIE8以上のIEをアンインストールする。

「まず」もなにも、言ってみればこれだけなのだが・・・

 

1.一端「WindowsUpdate」の設定を変更をしておきます。

「重要な更新プログラム」を、

「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」

にします。

Ie8_00

 

2.次に、現在使用しているIEをアンインストールするのですが、

「プログラムのアンインストールまたは変更」画面からは、IEはアンインストールできないので

「インストールされた更新プログラムを表示」を選択

Ie8_01

 

3.「更新プログラムのアンインストール」のリストの中(ジャンルは「Microsoft Windows」)に、

IE11やIE10、IE9があると思うので、クリックして、右クリックメニューから「アンインストール」を選択

Ie8_02

※その際、下にある「ja-JP Language Pcak」は、そのままでOKです。(連動してアンインストールされる)

 

4.再起動すると、IEがダウングレードされています。が、1段階ダウングレードしたに過ぎないので、

「IE8」になるまで、ダウングレードを続けます。

IE11→IE10→IE9→IE8と、環境によっては、3回行う必要があるかも。

Ie8_03

 

これで基本OKですが、「WindowsUpdate」が走ると、また勝手にアップグレードされてしまうので

アップデートの対象から外しておきます。

 

5.「WindowsUpdate」の「更新プログラムの確認」を実施

「IE11」は「重要」、「IE10」「IE9」は「オプション」のセクションにそれぞれありました。

それらを選択し、右クリックメニューから「更新プログラムの非表示」をクリック。

Ie8_04

Ie8_05_3

 

以上で終了です。

「1」で変更した設定変更を元に戻しつつ、アップデート対象に「IE9」「IE10」「IE11」が表示されないことを

確認しつつ、「IE8」のパッチを当てるため、再度「Windows Update」を実行しておきます。

ちなみに、非表示にした「IE」を再度表示・インストールしたくなったら、「Windows Update」の

「非表示の更新プログラムの再表示」を選択すれば、確認・非表示の解除ができます。

Ie8_06

Ie8_07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

IEの脆弱性とブラウザシェア

InternetExplorerに脆弱性が発見されましたね。いわゆる、ゼロデイアタックもあったらしい。

Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される

影響する範囲は、IE6~IE11と全てのバージョン・OSに渡ってます。

IE6は、WindowsXP時代のものなので、パッチはでないと思ってますが、

それ以外については、そのうちパッチが出るんじゃないかな。

巷では、「IEなんてクソブラウザ使っている奴がいるのかよ?」的なことを言う人がいます。

「一般と違う俺カッケー」的な発想なのかな?

でもね~、私の知っている企業内では普通に指定ブラウザだったりするんです。IE8とか。。

FirefoxとかGoogleChromeが指定ブラウザの会社ってどれくらいあるんでしょう?

また、この事件(?)を機会に、IE禁止令をだした会社があるらしいですが、

そんな一気に変えて大丈夫なんでしょうか?

ブラウザベースのアプリケーションがなければ良いんでしょうけど。。。

なんだかんだで、IEがデフォルトというイメージがあるので、久しぶりにシェアを調べてみた。

Browser market share

Top 5 Desktop, Tablet & Console Browsers

Browser Statistics

ありゃ、一番上の「netmarketshare」では「IE」が50%位だけど、

下2つでは、「GoogleChrome」が50%位、とまったく違う傾向が。。

どういう調べ方をしてるんでしょう。興味深いです。

IE以外のブラウザで好みなのは、Firefoxかな。

GoogleChromeだと、過去バージョンが正式公開されていないけど、

Firefoxなら公開(とはいえ非推奨)されているので、特定バージョンに固定するのが楽っていう、

しょうもない理由からだけど。

以前のバージョンの Firefox をインストールするには

もちろんセキュリティを考えると新しいバージョンが優れているとは思いますが、

新バージョンでなく、パッチレベルにしてくれると、開発者としては、稼働確認が楽できて嬉しい。

というわけで(!?)、IE8のパッチ待ちというところです。

まあ、怪しいサイトに行かなければリスクはかなり軽減されるわけで。

っていうか、みんな(特に企業内LAN使用ユーザ)がそんなに怪しいサイトに

接続しているんかね。

と思ってたら、有害サイトフィルタリングソフト「i-フィルター(アイフィルター)」サイトが

アクセス集中でサーバダウンしたらしい。(現在は復旧済みとのこと)

なんか笑った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »