« 休火山・死火山という分類は廃止 | トップページ | 手塚治虫の美女画展 »

2014年10月19日 (日)

最近、ドキドキワクワクがない・・・プログラム言語的な意味で

最近、JavaかPL/SQLしか触ってない。

どっちも、もう熟れた(←こなれた ってこう書くのね!)言語で、なんだかつまんない。

新しい概念を理解する際の、ドキドキワクワク感がない・・・

ちまたでは、どんなプログラミング言語が旬なんだろう・・・

ということで調べてみた。

TIOBE Software: Tiobe Index

そういえば、2年前位前にもそんな趣旨で調べた記録があったっけ。

そのころは、「Java」 -> 「C」 -> 「C#」 -> 「C++」 -> 「Objective-C」 の順でした。

今回は、「C」 -> 「Java」 -> 「Objective-C」 -> 「C++」 -> 「C#」 の順でした。

Java陥落!

まあ、2年程度ではあまり変わらないモノなのか??

COBOLとかPL/I、FORTRANなんては、いまどうなっているんだ?

動くには動いているらしいが、知識継承は大丈夫なのだろうか。

っていってもホスト系だから開発環境や相性問題は心配しなくて良いから、ある意味楽ね。

最近の自分トピックとしては、言語じゃないけど、Antがさっぱり分からん。

上手く使えば、かなり自動化されるはずなんだが、、、

勉強する気が起きないのはなぜなんだ・・・(笑)

|

« 休火山・死火山という分類は廃止 | トップページ | 手塚治虫の美女画展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538346/60512461

この記事へのトラックバック一覧です: 最近、ドキドキワクワクがない・・・プログラム言語的な意味で:

« 休火山・死火山という分類は廃止 | トップページ | 手塚治虫の美女画展 »