« 最近、ドキドキワクワクがない・・・プログラム言語的な意味で | トップページ | 可(べし) »

2014年11月 9日 (日)

手塚治虫の美女画展

いつもコンピュータと向き合っているばっかりじゃ駄目だよね。たまには文化芸術に触れないと。

ということで、行ってきました、「手塚治虫の美女画展」(!?)

Photo_9


こぢんまりしたところだったので、以外とノーマークな画展なのかと思いましたが、

開場15分前には行列が出来ていました。(逆光が酷い・・・)

Photo_10


画集の販売もしてましたので、ついつい購入してしまいました。

まあ、展覧会のカタログ的な感覚ですかね。

Amazonや以下のリンクで、まだ手に入るようです。

『手塚治虫美女画集 ロマネスク [増補新装版](手塚治虫)』 販売ページ

複製原画の予約も受け付けてましたが、こちらは結構なお値段。。25000円位だっけ。

個人的には、ポスターにもなっていた「マイフェアレディ」が美しいと感じました。

複製原画があったら、高くても買っていたかも・・・

家に帰って、購入した画集を見ると、手塚先生いろんなタイプの絵を描いてますね。

試行錯誤的なところもあったんでしょうか。

美女というか美人画繋がりで、他にどんなモノがあるんだろうと思って、検索したら、

【鶴田一郎オフィシャルファンクラブサイト】

なんてのがヒットした。

ちなみに、Wikiによると、「『美人画』という用語は日本発祥の呼び方」だそうです。

|

« 最近、ドキドキワクワクがない・・・プログラム言語的な意味で | トップページ | 可(べし) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538346/60624808

この記事へのトラックバック一覧です: 手塚治虫の美女画展:

« 最近、ドキドキワクワクがない・・・プログラム言語的な意味で | トップページ | 可(べし) »