« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月18日 (日)

KinectV2が接続できないときの確認点

Xbox One + Kinect ついつい買ってしまった。

というのも、PSYCHO-PASSのシビュラシステムがKinectV2で動いているらしいので

その検証用に・・・というのは、半分冗談・半分本気。

東京メトロ丸ノ内線新宿駅のメトロプロムナードで、犯罪係数を割り出す期間限定イベントで

使用されているのが、KinectV2。

どんな認識技術なんだろうって興味があって。

PS4を持っていて、かつ殆ど使っていない(というか今時点でピンとくるソフトがないからだが・・・)

にもかかわらず、追加で買ってしまうという暴挙。まあいっか、遊びだ、遊び。

で、さっそくセットアップ(接続)しようとしたら、なぜか認識してくれない。

すわ、ハズレか?

コネクタ弄ったりいろいろ試して分かったこと。

TVのアンテナ線とKinectV2ののケーブルを一緒に束ねているのが問題っぽい。

ケーブルにノイズが混じって、信号拒絶してたのかな?

アンテナ線と離してケーブル取り回しをましょう。一応電源ケーブルとも距離を取った。

認識すると、チュートリアルが出来るようになる。

手の「パー」→「グー」で、掴むジェスチャーとなったり、ポンと押す操作ができたりと、

「おおっ認識してるっ!」って感じ。

・・・・

しかし、なんかまどろっこしい。認識精度が問題なのか慣れの問題なのか?

すぐにコントローラー操作に切り替えた。以上、終了(笑)

一応ダンスゲームが付いてきたので、後でやってみよう。でも狭いんだよな。うち。

ただ、PS Cameraよりは、凄いかなと思います。

肝心なXbox Oneといえば、うーん、全体的な操作感(OS自体やBlu-ray Discの操作)は、

PS系の方が慣れもあって分かりやすいかな。

個人的には直感的に操作できなかった。

ゲームは、「Forza Horizon 2」を一緒に買ったので、これからやってみる。

結局次世代コンソールの2台持ちだが、映像が精緻だから楽しめるかというと、

必ずしもそうじゃない、というのがよく分かる。

逆に、精緻な映像を作り込むためにゲームの開発費等が上がってしまい、冒険出来なくなるなら

ちょっと悲しい。今のところ、ナンバリングタイトルが殆どなのも、そうだからに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »