携帯・デジカメ

2013年3月31日 (日)

単三防水コンデジ求む

さて、風景画像等をアップする際には、デジタルカメラのデータをそのままアップする

ことが多いですよね。

携帯のカメラもかなり高解像度になっていたりするし、それこそいつも携帯しているので

思ったときに気軽にとれるので、携帯派?が多いのかな。

私はコンデジが好みです。それも、単三電池対応じゃないと嫌い。

なんでって、デジカメって電池で動作しますよね。その電池が切れると当然ながら写真がとれません。

あ、記録メディアもいっぱいになったら撮れないけど、それは置いておいて(笑)

で、そんなときに、世界中で一番調達可能性が高い電池である、単三電池対応だったら

どんな時でも安心、という訳です。

そんな世界中駆け回ってないし、専用電池だったとしても予備買えばいいし、充電だって

マックなんかでも出来たりするし。というつっこみはあるんですが、まあ、なんだ。

ロマンですよ、ロ・マ・ン!

そんなこんなで、使っているデジカメは、Canonの「PowerShot A1100IS」です。

これにエネループを合わせて使ってます。が不満が当然のようにある。

最大の問題は防水ではないこと。

何時いかなる状態でも使えるように選定したはずの単三電池仕様なのに、防水でない

なら、使えるシチュエーションも限定されてしまう。これは理念に反します。

で、いろいろ探したんですが、単三電池稼働の防水コンデジって意外とないんですよ、これが。

気になったのは下記機種だけど、専用充電池だし。

Nikonあたりで、しっかりした良い奴作ってくれないかな。

あるいはOLMPUSで、上記の派生モデルとして、不要機能を省きつつ、省電力設計にして、

単三エネループ起動が可能としてくれれば、最高なんだが。

しかし、最近は、やれ「3D」だの「フルHD動画」だの、個人的に不要な機能が増えていると感じる。

「GPS」も装備しているってどういうこと。電波送受信系のモジュールは電気を喰うっつうのに。

参考までに、単三電池対応はしていても、エネループ対応は公称していないのが普通です。

なんとかだましだまし使えていると言うが実情。

通常は、単三アルカリ電池 1.5V x 2 のところが、エネループだと、1.2V x 2

圧倒的に電圧が不足しているから?冬場なんかは、満充電のはずなのに、起動しない場合が

結構あった。(←理念に反しているぞ!)

エネループでも、黒いパワーがある奴なら?

と思ったけど、取り出せる電流は多いんだが、電圧は1.2Vのままなんだよね。

充電池で、1.5V出力って言うのはなぜないのか?

とはいえ、電力という意味ではかなりのパワーアップなので、今度使用してみよう。

エネループシリーズについて | サポート | eneloop(エネループ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

携帯電池の保ちをよくする方法 (N-03D 追補)

以前の、「docomo STYLE series N-03D」で調査した電池の保ちですが、

良い結果がでました。

なんとほぼ1ヶ月保ちました。カタログスペックに偽りなしという感じです。

といっても通話していない、連続待ち受け時間なので現実としてどうなの、というのはありますが。

設定の妙味は、多分「・3G/GMS:3G指定」に固定したのが良いんじゃないかなと。

国内で使用する分には、GMSなんて使わないんで、電波サーチさせる必要ないってことでしょう。

電池の保ち時間とは着眼点を変えて、電池パックの保ちをどう伸ばすかというのを

いろいろ調べたのでメモ。ちなみに、リチウムイオン電池向けの内容です。多分。

・充電しっぱなし(充電完了しても充電器へ置きっぱなし)は避ける。

 →過充電になるかららしい。

・アプリを使用しながら(負荷をかけながら)の充電は避ける。

 →高温での充電は、劣化を早めるらしい。

・満タンのまま、電源を切ってしまうのは避ける。

 →満充電で保存すると劣化する特徴があるかららしい。

 →→携帯なら、待ち受けにしていれば電池を消費しているから、それでOK。

・パワーメーターが残り1~2目盛り位になったら、充電する。

 →空まで使い切ってから充電(深充電)すると、充電回数(最大500回とか)にカウントされ劣化する。

 →→逆に、使い切らず充電(継ぎ足し充電)すると、充電回数にカウントされず、より長く使用できる。

最後は意外でした。

限界までというか、充電してくださいとアラームが出て自動シャットダウンするまで使用してから

充電することがいいことだと思っていたんですけど。

電池特性って使用物質により変わるんですね~。当たり前だけど。

使い切ってからのほうがいいのは、ニッケルカドミウムあたりまでか?

リチウムイオンとリチウムイオンポリマーの違いがよく分からなかったりする。。。

どうでもいいけど、N-03Dの外部スピーカーってちょっとパワー不足というか。

スピーカー側(カメラ側)を下にしてクッションとかに置くと、アラームがさっぱり聞こえない。

この点、前に使っていたW52Hは、スピーカーが横にあるタイプだったので良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

docomo STYLE series N-03D

「docomoであること」
「連続待受約800時間の長持ちバッテリー」
「防水」
「3G+GSM」
「おサイフ携帯」
「GPS」
というのが一番気になり、購入。
「GSM」は現時点で海外に行くあてがあるわけでもないですが、
いざというときの安心感というところでしょうか?
ガラケー+特殊先進機能なしということで、本体価格は非常にお安いようです。

購入してからまだ使い倒していないが、一応の使用感を参考までにUP。

・形状
 本体は折りたたんだ状態でもそれなりに薄く、軽い。
 →個人的には、もう少し厚みがあった方が、手のひらに収まる感というか
  ホールド感が増す+キー操作がしやすいのと、
  それに併せてバッテリーをもっと大きくできたのでは、と思う。
  バッテリーの保ちに関しては、後述。

・ディスプレイ
 解像度はそれなりにあるので綺麗ですが、屋外直射日光下だと、画面の輝度を最大
 にしても非常に見づらいというか見えない。設定がまずいのか?

・ボタンのクリック感
 それほど明確ではないが、良好な方だと思う。
 もちろん効果音としてクリック音を出すことは可能。
→スマートフォントで電話を直感的にかけにくいのは、キーがないからと思う。
 (タッチパネルはどうも使いづらい。。。それも慣れか。。。)

・外部接続端子キャップ
 この部分、機種によってはヒンジ部分にかなり無理がかかり、ちぎれてしまう場合もあるが
 この機種では、外した後回転させることができるので、無理がかかりにくいといえます。
 接続端子自体も防水性を考慮してか1カ所のみ。
 なので、イヤホンと充電は同時使用できないんじゃないかな。(未確認)

・ワンセグ
 アンテナがないタイプだが、それなりに受信してくれる。
 前機種では、受信エリアの設定が必要だったが、この機種は設定不要(自動設定が選べる)。
 最近のは全部そうなのかな?
 画面を横にして見たりする設定はないので、表示サイズ的には小さい。
 まあ普段使いする人はいないと思うので、どうでも良いが。

・おサイフ携帯(Felica)
 通信チップがフロント裏面(サブディスプレイ側)にあるので、
 使用感が他(というか今まで)と異なる。
 普通は、キーパッド裏面(電池パック)側にあるのが多いんじゃないかな。
 →これは単に慣れのレベル、というか使うシチュエーションを考えると
  持ち変える必要がなくなるので、こっちの方が優れているのかな?

・バッテリー
 今回もっとも重視した点だが、800時間保つかというと、全然いえない。
 以下の状態で、300時間という感じ。
 ・状態:静止状態
 ・電波状態:3本
 ・音声通話:待ち受けのみ(通話なし)
 ・メール:1週間に5通程度受信閲覧
 ・照明設定:5秒(Level1=最低)+省電力
 ・アラーム:未使用
 ・カメラ:未使用
 ・iモード:1週間に数回使用
 ・iチャネル:未使用
 ・iコンシェル:未使用
 ・Ferica(おサイフ携帯):1回使用
 ・MyFace:2ページ自動更新あり
 ・3G/GMS:自動切り替え
 ・ワンセグ:未使用
→自動更新系・イルミ系は限りなく排除したつもりだったが
 上記のようにまとめてみると、まだ穴があった。
 見落としていた2項目を以下に変更して、再チェック中
 ・MyFace:自動更新カット
 ・3G/GMS:3G指定
 ※この結果は後日追記しようと思います。

まあ、最近の携帯は、1日1回は最低でも充電する人ばかりだと思うので、
ここまで変態的にセーブする人もいないかと思う。
スマホに至っては、普段充電ケーブル繋ぎっぱ、移動時のみバッテリー使用、
みたいな状態かと。。。

私の中でのこの携帯の位置づけは、緊急非常事態用通信端末みたいな感じなので、
最近のdocomo携帯の障害はちょっと残念ですね。
「docomoであること」=通話圏の広さ・信頼性を、理由・メリットにしている人は多いと思います。
携帯「電話」なんだから、他のネットワークサービスは落ちても、音声通話は最後まで死守して欲しい。
個人的には、スマートフォンがネットワークに与える負荷はかなりだと思うので、
完全従量制+青天井で良いんじゃないかなと思います。受益者負担的な意味でも。
ごく少数のヘビーユーザーのために、一般ユーザーが割を食うのが解せない。
「サービスで提供しているんだから当然だろ」的な発想の人もいるでしょうけど。。。

まじめに考えると、通話とネットワークサービスどちらが負荷をかけているんだろう??
音声は情報量は多いように見えるが断続的に使用されそれほどでもないらしい。
(あけおめ通話は別)。
スマホのアプリは、プレゼンス情報を常にやりとりするらしい。
なので、アプリ・フルブラウザ系>音声>メール>SMSって感じか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

皆既月食、次は「2014年10月8日」

2011年12月10日は、全国で月食が見ることができる日でした。
一応かけ始めは見たのですが、完全な皆既月食は「寝落ち」で見ることができず。。。

1

2_2

しょぼいデジカメなので、写りはこんなもんですか。

月食って日食と異なり、あまり華やかなイメージがなく、人気もそれほど、というイメージ。
夜空を見上げても満天の星が見られるのは、空が明るすぎて難しくなってきました。
なので、見上げてみようという人が少なくなったのかもしれないですね。

でも意外とレアな天体ショーなのかも知れません。
次回の皆既月食は、3年待たなければならないのですから。(なのに寝落ち。。。反省)
Outlookの予定表に入れておこうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

CR-1/3N x 1 = SR44 x 2

月日がたつのも早いモノで、なにげにブログ更新が遅くなってしまった。

なんでも書けばいいと思う反面、「そんなのはチラシの裏にでも書いていれば・・・」という考えもあって

なるべく有益(???)な記事にしたいと思っていると、更新できなくなるというワナにはまってしまった・・・。

カテゴリは「デジカメ」ですが、フィルム一眼レフの話。

Nikon New FM2 という機種をずっと使っているんですが、結構前から測光用の電池が切れているのに気付いていつつも、

測光が出来ないだけで、マニュアルで露出を合わせれば撮れるので、ほったらかし状態。

とはいえ、逆光なんかの場合は、自分のカンもアテにならないので、電池を交換することに。

前の電池はこんな感じ

Photo

これを買おうとしたら、既に生産中止になってました(泣)。

でカメラ屋さんに調べてもらったら、SR44の2個使いで問題ない、とのこと。

ホントに大丈夫か?

と思ったんですが、電池格納部に2個使いもOKのように説明がありました。

Photo_3

(ちょっと見づらいですが、1.5Vが2つ重なった図と、1.5Vx2 という記載があります。)

めでたし、めでたし。

後はフィルムが何時まで生産されるか、、、だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)