日記・コラム・つぶやき

2014年10月19日 (日)

最近、ドキドキワクワクがない・・・プログラム言語的な意味で

最近、JavaかPL/SQLしか触ってない。

どっちも、もう熟れた(←こなれた ってこう書くのね!)言語で、なんだかつまんない。

新しい概念を理解する際の、ドキドキワクワク感がない・・・

ちまたでは、どんなプログラミング言語が旬なんだろう・・・

ということで調べてみた。

TIOBE Software: Tiobe Index

そういえば、2年前位前にもそんな趣旨で調べた記録があったっけ。

そのころは、「Java」 -> 「C」 -> 「C#」 -> 「C++」 -> 「Objective-C」 の順でした。

今回は、「C」 -> 「Java」 -> 「Objective-C」 -> 「C++」 -> 「C#」 の順でした。

Java陥落!

まあ、2年程度ではあまり変わらないモノなのか??

COBOLとかPL/I、FORTRANなんては、いまどうなっているんだ?

動くには動いているらしいが、知識継承は大丈夫なのだろうか。

っていってもホスト系だから開発環境や相性問題は心配しなくて良いから、ある意味楽ね。

最近の自分トピックとしては、言語じゃないけど、Antがさっぱり分からん。

上手く使えば、かなり自動化されるはずなんだが、、、

勉強する気が起きないのはなぜなんだ・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

休火山・死火山という分類は廃止

先日、御嶽山が噴火しました。これで思い出したのが、

「休火山・死火山という分類は廃止された」

というもの。たしか、雲仙普賢岳のビジターセンター、というか正確には

雲仙お山の情報館(国立公園雲仙の自然情報)

というところで聞いて、びっくりした記憶があります。

結局のところ、いつ噴火するか分からないって言うリスクが、どの山にも多かれ少なかれ

存在すると。

雲仙普賢岳の規模は、現地に行ってみてみると、よく分かるのですが非常に広範囲に

渡っており、自然の驚異に驚かされます。

が、今回はそれを上回る規模の死傷者が出たとのこと。

近年、登山が流行しているということ、警戒レベルが1のままだったことが原因じゃないかなと。

警戒レベルを上げればいいというのも難しいところで、警報を出しすぎて、

オオカミ少年となるのも問題だし、出さないなら出さないで、こうなったときに非難される・・

私としては、火山性地震の頻度なんかの「事実」を、ビジターセンターなり、

各種登山小屋や宿泊施設なりに、掲示すれば少しは自分で判断する人が増えるのではと。

これから台風も来ますが、リスクは自分自身で判断(コントロール)するしかないです。

あのゴルゴ13ですら、

「おれが、うさぎのように臆病だからだ…だが…臆病のせいでこうして生きている」

ですからね。

度胸試しなんて意味ないんですよ。

リスクといえば(!?)、冠水したときの避難の際に、なんで膝下くらいの水でも、

ゴムボートに乗せるのかが不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

Surface Por 3

Surface Pro 2 の512GBモデルがコンシューマ市場に出ないという記事を前書きましたが、

まだ512GBの供給も充分でない(?)このタイミングで、

Surface Pro 3 の記事が出てきました。

Core i7の構成も可能らしいです。

なにより、ナンバリングが、3の倍数というところが、「買い」であることを物語っています。

・・・っていうのは思い過ごしか?

日本発売は、8月末らしいです。

さて、どうするか・・・

Surface Pro 3 ニュース検索

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

Surface Pro2 512G まだ出荷停止

先日、いよいよと言うか、ようやくと言うかXPのサポートが切れました。

一周りの長い期間、お疲れ様でした。

で、次の企業クライアントPCの基幹OSは、Windows 7 な訳です。

え、じゃあ、Windows 8 の立場は?

使われていない?いえ、そんなことはないようです。

というのも、現時点でも、Surface Pro2 の512GBモデルが、なかなか出荷開始にならない!

どうも供給が追いつかず、法人向け市場にのみ限定して流されているらしいです。

需要予測を見誤るくらい、Surface Pro 2 = Windows8.1 Pro (?) が売れているということじゃないでしょうか。

どんな業界・業種で使われているのか興味津々です。

タブレット系PCの中でも、結構スペックやデザインで優れていると思う、Surface Pro 2。

私も消費税増税前に、買おうかなと思った時期があったのですが、この有様で、結局買えませんでした。

ということで、家にはまだWin8マシンがありません。

操作演習&動作検証用で欲しいんだけどな~。

知人のWin8機を触らせてもらったんだが、初見では、電源を切る方法すら分からなかった。。。

とは行っても、買った後の用途って言うのもそれほどないというのも、また事実。

今日日、会社に私物のPCを持って行くのも難しいですし。

買えなくて良かったと思うことにします。

ちなみに、Amazonでは、プレミアが付いていて、今日時点で、261,750円でした。

さらにちなみに、定価は、184,937円です。転売屋ぼったくりすぎ。

Surface Pro 2  512GB (Microsoft Store)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

ウコンは効くのか?

4月となり、歓迎会名義の飲み会が多くなる季節です。

ついでに花見+飲み会なんてのもありますね。

そんなときに、何となく二日酔い予防として飲んだりするのが、「ウコン系飲料」。

ただ、これってそもそも二日酔い予防的な効果があるんでしょうか?

それとも単に「プラセボ効果(プラシーボ効果)」しかないんでしょうか?

とりあえず、ネットで調べると、臨床実験で猛烈に効いたっていうエビデンスはないようです。

まあ、そんな効果があるなら、とっくに「特保(トクホ)」を取って宣伝するでしょう。

逆に、「特保」をとっていないということは、、、推して知るべしってところでしょうか?

凄く高額というわけでもなく、100ccで150円前後と、ちょっと買ってみよう、効果が無くてもあきらめよう

的な値段にしているのも上手い戦略なのかも知れません。

でも、よく考えると、100ccで150円だと、缶コーヒー的に例えると、180ccで270円。

凄い高級缶コーヒー(当社比??)なんですね。

高級缶コーヒーと言えば、スタバの缶コーヒーは今どうなっているんだろう?

デフレの波に揉まれて、泡と消えたんだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

マレーシア航空機不明

マレーシア航空の、ボーイング777、「MH370便」が不明となってから、1週間経ちました。

が、まだ発見されたという情報が出てきていません。

世界最大級の双発ジェットが、忽然と消え、これだけの探索をうけているのに、まだ発見されていない。

いろんな情報が錯綜していますが、どれも「可能性」というオブラートに包まれています。

普通に墜落or不時着したのであれば、速攻で発見されそうな気もします。

素人的には、

・遭難信号や通信も発せず、かつ、位置情報を発信するシステムを切断

・レーダー追跡をかいくぐる。かつ領空侵犯=スクランブルを避けている。

あたりで、航空機に詳しい人物の関与を考えてしまいますが、どうなんでしょう。

「エジプト航空990便墜落事故」のような、パイロットによる要因を含んでいるのか。

また機体が一切発見されないのは、「ヴァリグ・ブラジル航空機遭難事故」の時のような

なにかが起こったのか。

いずれにせよ、早く見つかって欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

消費税率上がる前にPS4買うか・・・迷う

4月1日に消費税上がりますよね。5%→8%に。。。

3%とはいえ、トータル金額がかさむほど、かつ、3月と4月の切り替え時期にかかりそうなモノについては

早めに買った方がいいということで。

となると、いろいろ物欲が湧いてくる。とはいえ、「買わない」に勝る節税もないので、ほどほどに。

買う・買わないのライン取りが難しい(笑)。

今迷っているのは、PS4。

現時点で、欲しいソフトがあるというわけでもないのに、買うのもどうかと思う。

ただ、最近の物作りって、後期型番のモノが必ずしもベストとは限らない、と感じる。

もちろん初期ロットは避けたいが。

後期型番分が、部品・部材の改善等で、長寿命化・高性能化になれば良いのだが、

廃熱設計や部品強度などを落としてコンパクト化→結果として低寿命となったり、

デザインやスペックが変更(それも低い方に・・)となったり。

幸いPS4は、タダソフト+延長保証が付いてくるし、既に世界各地で発売されているので、

初期ロットとはいえないし!?

なので、さっさと買ったほうが良いかも・・・と、悪魔が囁いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

さよなら

実家で飼っていたペットが亡くなった。

享年何歳だったんだろう、あの猫。

拾ってきた三毛猫だったんだが、結構長く生きた気がする。

拾ってから10年?15年?位は共に過ごしてきたと思うので大往生だったと思いたい。

最後は、一番かわいがっていて、本人(本猫?)もなついていた父親と一緒に寝ていて

逝ったとのこと。安らかに眠ってくれ。

写真、なんかあまり撮ってなかったな。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

販拡イベント一覧

恵方巻きというイベントはご存じだろうか?

大手のコンビニチェーンが、全国展開をしているから知らない人が少ないと思う。

広まり始めたのはここ10数年らしいのだが、体感的にはここ5年くらいの盛り上がりが

すごいように思う。

「広まり始めた」というのは語弊がかなりある。「広げ始めた」が正解だ。

ただ、日本人はこの手のイベント事との相性がかなり良いらしく、意外とと定着してしまう。

商用的な意味合いで考案されたモノとして纏めてみた。

・土用の丑の日のウナギ

・バレンタインデーのチョコ

・ホワイトデーのビスケット・マシュマロ・キャンディー

・節分の恵方巻き

・ボジョレーヌーボーのワイン

パッと思いつくのはこれ位かな?

 

ちなみに、年越し蕎麦も入るような気がするが、蕎麦業界の入れ知恵でなく、

「『今年一年の災厄を断ち切る』という意味で、大みそかの晩の年越し前に食べる」

というきちんとした由来があるらしいので、除外する(笑)。

節分=恵方巻きと捉えると、節分が年4回あることから、春夏秋冬4イベントに拡張しよう

という動きもあるらしいが、回数が増えると関心が薄まり、商業的に失敗する気がする。

恵方巻き=巻いている形状のもの=ロールケーキ!とか便乗しているので、

商魂たくましいというか何というか。

他国(特に欧米)ではこんな例ってあるんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

Amazon送料有料化とエントロピー増大

Amazonで送料有料化が始まりました。

結構波紋を呼んでいるみたいで、

「もうAmazon使わない」とか、「プライムなのに裏切られた」とか否定的な意見が多い。

よく読めば、

・一部の単価が安い対象商品が対象であり、2500円以内だからといって全てが対象でないこと

・プライムであれば、今まで通り特典が使用できること

というのが分かります。

個人的には原則送料有料にして、その分を各商品の値下げの原資に回して欲しい。

何度も配送するということは、梱包・輸送・人件費含め、エントロピー増大に繋がってしまうんだよね。

個人的には、エントロピー増大は、持続可能な成長の足かせとなると考えています。

適正な受益者負担がないと、サービス提供側が破綻して、結果そのサービス使用者も困ってしまうという一端

を垣間見ている状態です。まあ、まだ破綻はしていないですけどね。

一度「タダ」という味を占めて依存してしまうと、脱却するのが難しいですな。

ん~、いまいち纏まらないな。。。

Business Media 誠:窪田順生の時事日想:ZOZOTOWN騒動に見る、「送料無料」のツケは誰が払うのか? (1/3)

この記事の論調に、賛同っていうところか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)