経済・政治・国際

2010年6月 6日 (日)

原油流出・・・

原油流出事故から20年、今も残る爪跡

だそうです。凄い昔と思っていた、エクソンの原油流出事故。今も続いているとのこと。

ルイジアナ州沖合の事故はそれ以上の規模になっているし、ハリケーン時期までは対策が追いつかない気もします。

さて、ハリケーンは流出対策にとって、敵か?味方か?

海が攪拌されることで、原油がより細かな粒子となり、分解されやすくなるのでは?

というようにも考えましたが、実際の影響としては、やはり被害拡大の要因になるのでしょうね。

こんな時に「シーシェパード(「生態系と生物種の保全」を名目とした団体)」は何をやってるかというと、

地中海あたりで、妨害活動。原油除去作業でも行っていれば、まだ名目がたつとは思うが。

生態系といえば、「クロアシアホウドリ 島に戻る」というニュースをやっていました。

実は日本も色々がんばっている。環境立国として世界のイニシアチブを取って行けたら、と強く思います。

http://eco.nikkeibp.co.jp/article/special/20090514/101406/

| | コメント (0) | トラックバック (0)